ここから本文です

読売新聞×SAPIPX じじもん Scrum(スクラム)—応援します、中学受験!

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

今週の読売新聞チェック記事はこれ!

036 2017年10月20日号
(10月13日朝刊から10月19日朝刊まで)

10月13日(金)
  • 朝刊13版 1面  米、ユネスコ脱退発表
  • 朝刊14版 1面 米、ユネスコ脱退発表
ひと言ポイント

 米国務省は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対し、米国が2018年末で脱退すると通知したと発表しました。ユネスコを巡る米国の動き、今回の脱退の理由、ユネスコの反応を記事から読み取りましょう。

10月14日(土)
  • 朝刊13版 1面、14面、15面  「ネットに偽情報」 見分ける教育「必要」
  • 朝刊14版 1面、14面、15面  「ネットに偽情報」 見分ける教育「必要」
ひと言ポイント

 読売新聞社が実施した世論調査によると、日本でもインターネットなどに多くの偽情報が流れていると「感じる」との回答が81%に上ったことがわかりました。欧米諸国でインターネットを通じた偽(フェイク)ニュースの拡散が問題となる中で、日本でもフェイクニュースの拡散に対して問題意識を持っている人が多いことがわかります。偽情報に惑わされないようにするために日ごろからどのような注意が必要でしょうか。これを機に考えてみましょう。

10月17日(火)
  • 朝刊13版 13面  国民審査を受ける最高裁7裁判官
  • 朝刊14版 13面 国民審査を受ける最高裁7裁判官
ひと言ポイント

 最高裁判所の裁判官が「憲法の番人」の役割を担う人物としてふさわしいかどうかをチェックする国民審査が、22日の衆院選と同時に実施されます。今回対象となる裁判官について、略歴や関与した主な裁判などについてまとめられています。また、この記事の中には国民審査の投票方法についての説明もありますからよく読んでみましょう。

10月19日(木)
  • 朝刊13版 1面  衆院比例選 疑問票扱いは?
  • 朝刊14版 1面  衆院比例選 疑問票扱いは?
ひと言ポイント

 22日に投開票される衆院比例選で、どの政党に投票したかが紛らわしい「疑問票」の扱いが注目されています。民進党の分裂や新党結成に伴い、似た名前の政党が増えたためですが、党名は正式名か、党が届け出ている略称を記入するのが原則です。投票では、有権者自身が、自らの意思を正しく投票用紙に記すことが求められているのですね。

10月19日(木)
  • 朝刊13版 1面、38面  最強AI誕生 アルファ碁に100戦全勝
  • 朝刊14版 1面、38面  最強AI誕生 アルファ碁に100戦全勝
ひと言ポイント

 最強AI「アルファ碁ゼロ」が開発されたことを伝える記事です。囲碁では膨大な選択肢の中から最も有効な手を見いだすことが求められます。今後は囲碁の枠をこえ、医療分野での画像解析や、電力消費量の最小化などへの応用が期待されるとのことです。AIの目覚ましい進歩には目を見張るばかりですね。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ