ここから本文です

読売新聞×SAPIPX じじもん Scrum(スクラム)—応援します、中学受験!

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

今週の読売新聞チェック記事はこれ!

006 2019年3月22日号
(3月15日朝刊から3月20日朝刊まで)

3月15日(土)
  • 朝刊13版 1面、3面 海洋プラごみ削減支援
  • 朝刊14版 1面、3面 海洋プラごみ削減支援
ひと言ポイント

 海洋汚染への影響が深刻化するプラスチックごみの排出を抑制するため、環境省は来月以降、主な排出源となっている東南アジア各国への技術支援に乗り出すことを決めました。海に漂うプラごみなどを分析し、ごみの量の把握や排出ルートの特定に役立ててもらいます。プラごみの海洋流出は地球規模の問題として認識されています。海洋プラスチックが与える悪影響や対策を記事から確認したうえで、私たちができる取り組みを考えてみましょう。

3月15日(土)
  • 朝刊13版 33面 「持続可能な社会」考える力を
  • 朝刊14版 33面 「持続可能な社会」考える力を
ひと言ポイント

 小中高校の総合学習の授業で、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」を取り上げることが多くなっているそうです。SDGsで示されている「つくる責任 使う責任」「質の高い教育をみんなに」「住み続けられるまちづくりを」などの17の目標について、自分なりにさまざま考えてみましょう。近年の入試問題にはこれを題材に多く出題されています。

3月18日(月)
  • 朝刊13版 1面、33面 高齢者ゴミ出し支援
  • 朝刊14版 1面、33面 高齢者ゴミ出し支援
ひと言ポイント

 自宅のゴミを集積所まで運ぶのが難しい高齢者をサポートするため、環境省は、自治体などが高齢者宅まで出向いて回収を行う「ゴミ出し支援」制度の拡充に乗り出す方針を決めました。国内の全家庭のうち、65歳以上の高齢者世帯は約4分の1で、その半分近くが単身者となっている中、数十メートル先の集積所までゴミを運ぶことが困難な高齢者が今後さらに増えていくことが問題となっています。ゴミ出し支援の効果と問題点について、記事をもとに考えてみましょう。

3月19日(火)
  • 朝刊13版 3面 ゲノム編集食品 夏にも食卓へ
  • 朝刊14版 3面 ゲノム編集食品 夏にも食卓へ
ひと言ポイント

 遺伝子を効率よく改変できるゲノム編集技術を使った食品が今夏以降、食卓に上る可能性が出てきました。ゲノム編集技術と遺伝子組み換えの技術との違いは何か、ゲノム編集食品のメリットと課題にはどのようなことがあるのか、記事から確認してみましょう。

3月19日(火)
  • 朝刊13版 33面 キトラ壁画 国宝に
  • 朝刊14版 33面 キトラ壁画 国宝に
ひと言ポイント

 文化審議会は、奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)石室からはぎ取った「キトラ古墳壁画」を国宝に指定するよう文部科学省に答申しました。キトラ古墳壁画は、四方の壁面に「白虎」「玄武」などの四神図、天井には東アジアで最古の「天文図」が極彩色で描かれており、高松塚古墳壁画と並んで日本の古代絵画史において極めて貴重な存在です。キトラ古墳壁画が描かれたころの日本の文化について、歴史資料集を使って確認してみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ