ここから本文です

読売新聞×SAPIPX じじもん Scrum(スクラム)—応援します、中学受験!

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

サピックスオリジナルの時事問題テストに挑戦! 入試直前対策 じじもん実力テスト

いつでもどこでも時事問題 じじもんスクラムmini 直前対策版

今週の読売新聞チェック記事はこれ!

046 2017年1月13日号
(1月6日朝刊から1月12日朝刊まで)

1月6日(金)
  • 朝刊13版 37面 宇宙ごみ除去へ 実験
  • 朝刊14版 37面 宇宙ごみ除去へ 実験
ひと言ポイント

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が国際宇宙ステーション(ISS)への補給を終えた無人補給船「こうのとり」を使い、宇宙ごみ除去技術の大規模な宇宙実験を1月末にも実施することを伝えています。JAXAは実験が成功すれば2020年代中頃にも実用化させる意向です。宇宙ごみとは何か、どのような仕組みで除去するのか、さらに、なぜそのような実験がおこなわれるのかを記事から読み取ってください。

1月6日(金)
  • 朝刊13版 38面 高齢者 75歳から
  • 朝刊14版 38面 高齢者 75歳から
ひと言ポイント

 日本老年学会などが現在65歳以上とされている高齢者の定義を「75歳以上」に見直す提言を発表しました。近年高齢者の身体能力や知的能力、健康状態などが5~10歳程度若返っていることがわかり、65歳以上を高齢者とする定義が今の日本に合わないと考えられるためです。見直すことで生じるさまざまな効果をご家庭で話し合ってみるとよいでしょう。

1月11日(水)
  • 朝刊13版 1面、2面 2019年元日 新天皇即位
  • 朝刊14版 1面、2面 2019年元日 新天皇即位
ひと言ポイント

 政府が、2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、同時に元号を改める検討に入ったことを伝える記事です。政府は一代限りの退位を可能にする特例法案を1月20日に召集される通常国会に提出する方針であり、陛下の退位日は政令で定めることを法案に明記するとのことです。また、1989年の昭和天皇の崩御による平成への改元の際は、崩御当日に新元号が発表され、翌日に改元されましたが、今回は新元号を改元の半年以上前に公表する方向であるとのことです。今回、このような対応が行われる理由を記事から読み取りましょう。

1月11日(水)
  • 朝刊13版 7面 国連 グテレス体制始動
  • 朝刊14版  国連 グテレス体制始動
ひと言ポイント

 国連の新事務総長にポルトガル元首相のグテレス氏が就任し、新体制で始動しました。グテレス氏は「多国間主義」を強調しています。「アメリカ第一」を掲げるトランプ政権の発足に加え、シリア内戦や北朝鮮の核問題などの課題は山積していますが、その手腕に注目が集まっています。

【番外編】12月29日(木)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面、4面、6面、7面、8面、30面 寛容と和解 世界へ
  • 朝刊14版 1面、2面、3面、4面、6面、7面、8面、30面 寛容と和解 世界へ
ひと言ポイント

 日本の安倍首相とアメリカのオバマ大統領がハワイ・オアフ島の真珠湾(パールハーバー)を訪問したことを報じています。両首脳は真珠湾攻撃で撃沈された戦艦アリゾナの上に立つ「アリゾナ記念館」を訪れ、犠牲者を慰霊しました。真珠湾攻撃により太平洋戦争が開戦となったため、今回の訪問は昨年5月のオバマ大統領の広島訪問に続き、大きな意義があるといえます。両首脳が慰霊後の演説でどのようなことを訴えたか、記事から確認してみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の岩田です
サピックスで社会科を担当している岩田です。
編集長とともにじじもんスクラムでさまざまなことをお伝えしようと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ