ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

このサイトの活用方法

読売新聞で時事問題を学びましょう

「時事問題の学習に新聞が有効なのはなんとなくわかるけど、どこを読めばいいの?」
そんな声にお応えするのが「じじもんスクラム」です。

読売新聞社が、中学受験で高い合格実績を誇る進学教室「サピックス」と協力し、このサイトを運営しています。「サピックス」の社会科の先生が、毎週1回、受験に重要と思われる読売新聞朝刊の記事を3本程度ピックアップし、その「見出し」を掲載します。
また、毎月1回、復習問題を掲載します。1か月学んだ成果を試すことができ、ご家庭で効果的に時事問題を学ぶことができます。

「じじもんスクラム」が特に大切にしていただきたいこと、それは、お子様との会話です。小学生にとって、記事内容そのものは難解でしょうし、漢字も文章の表現もわからないことが多いでしょう。保護者の方が、ぜひ一緒に新聞を読み、お子様といろいろ話し合ってみてください。時事問題は、お父さん、お母さんが一番身近な先生なのです。

次に、記事を切り貼りしたスクラップブックの作成をお勧めします。

読んで、切り抜いて、ノートに貼る。紙面を保存することで、その記事との距離がグンと縮まり、関連した出来事への関心も高まります。さらに、このスクラップを見ながらお子様と話し合ってください。

始めよう「じじもんスクラム」用意するもの

読売新聞 朝刊

(13版、14版が対象となります)

毎週土曜日に、過去1週間分の読売新聞朝刊記事からピックアップし、その見出しを掲載します。

13版、14版について詳しくはこちら

パソコン、プリンター

「今週のチェック記事」や「復習問題」をプリントアウトします。

スクラップ用のノート

(B4サイズもしくはA4サイズ)
切り抜いた紙面を貼るためのノートです。文具店などに売っている市販のノートで結構です。

※写真はB4のスケッチブックです。

ハサミ、セロハンテープ(のり)

記事の切り抜きや、スクラップ用ノートへの貼り付けに使います。

筆記具、蛍光ペン

スクラップブックへの書き込みや、大事な箇所に線を引きましょう。

「じじもんスクラム」を活用したスクラップ学習の流れ

読売新聞朝刊をストック
「今週のチェック記事」は毎週土曜日に更新します。前の週の金曜からその週の木曜までが範囲となっています。必ず読売新聞朝刊を1週間分ストックしておいてください。
「今週のチェック記事」を印刷
「じじもんスクラム」は土曜が更新日です。画面の中の「プリントアウト」ボタンからプリントアウトして、お子様に渡してあげてください。
記事を探す&切り抜く
プリントには、該当する記事の「日付」「ページ番号」「見出し」が載っていますので、それを元に記事を探します。ページをめくりながら、他の記事も自然と目に入るようになり、いろいろな出来事を知ることもできます。
切り抜く時は、まず記事全体を読み、範囲を確認してから切り抜くようにしましょう。
スクラップブックを作る
切り抜いた記事をセロハンテープなどでノートに貼って、スクラップブックを作ります。スクラップブック作りのヒントもご用意しましたが、細かな決まりはありません、皆さんで工夫しながら作ってみてください。
親子で話し合う
スクラップブックをみながら、お子様と内容などについて話し合ってみてください。大事な箇所には、蛍光ペンでマークすると、より理解が深まります。
復習問題に挑戦
「復習問題」は月に1度更新します。4週分の「今週のチェック記事」が出題範囲です。わからないときは、スクラップブックで復習してみましょう。
採点する
採点は、お父さん、お母さんが行ってください。大きな「○」は、子供たちにとって、何よりの励みになりますヨ。復習問題もスクラップブックに保存しておきましょう。
じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ


ページの先頭へ