ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

SAPIXが考える中学入試の時事問題対策

サピックス小学部社会科教科責任者
岡本茂雄

時事問題学習の重要性について

この社会で起きていることを、子どもたちにも

「社会」という言葉の意味を知っていますか。「社会」とは、人々の集まりを示す言葉であり、人々の相互関係のことをも指します。みなさんの家族も小さな社会ですし、学校も町も、そして世界も一つの大きな社会なのです。私たちはこうした「社会」の中で暮らしています。つまり、社会科を学ぶということは、私たちがどのようなところで暮らしをしているのか、どのような関わりを持って暮らしているのか、どうしてそうなったのか、それらを考えることなのです。
 中学入試問題を分析していると、ある一つの傾向に気がつきます。それは「子どもたちにも、この社会でどのようなことが起こっているのかを、自分自身の頭で考えてほしい」という、学校側の強いメッセージがこめられているということです。そのことを反映するかのように、近年「時事問題」に関する出題が多くなってきました。時事問題こそ、現実のさまざまな問題に興味・関心を持って、自分自身の頭で考えているかどうかをはかる、本当の社会科の学力を問う格好の題材と言えるでしょう。時事問題と聞くと、とても取り組みにくいもののように思えるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

毎日読む新聞から、ニュースを見る目を養う

■今週のチェック記事

「じじもんスクラム」では、毎日読まれている新聞の中から重要であると考えられる記事をピックアップしています。そして、内容を理解する上で注目してほしいポイントも紹介していますので、今起きている出来事について、考える手がかりを持ちながら正しく理解できるようになっています。
 まずは、「ひと言ポイント」に注意しながら記事を読んでみてください。難しい内容が含まれているものもあると思います。少しでも疑問点が出てきたら、それについてご家族と話し合ってみましょう。ていねいな読解と多くの会話・討論の経験をしていくうちに、少しずつ社会の変化が理解できるようになってくるはずです。これをきっかけに、日ごろから世の中の出来事に関心を持ち、ニュースを見る目を養い、みなさんなりの意見や考えを持つようになってほしいと思います。

■復習問題

今週のチェック記事や、それに関連する内容についての「復習問題」を作成しますので、サイトで紹介された内容をどれだけ理解しているかを確認してください。復習することで、受験対策としての学力がより確かなものとなりますし、社会科の学習を大きくサポートするという点においても効果的です。

分析・傾向

2017年度の中学入試においては

ほとんどの学校において、社会で起きた出来事を題材とした出題がなされ、普段から時事問題の対策をしていたかどうかで得点に大きな差がついたものと予想されます。

選挙権年齢が18歳に引き下げられて以降はじめておこなわれた参議院議員通常選挙や東京都知事選挙、現職のアメリカ大統領だったオバマ大統領の広島訪問や伊勢志摩サミットなど、国内で大きな注目を集めたニュースについて問われていました。国際社会からも、アメリカ大統領選挙に、イギリスのEU(欧州連合)離脱、依然として深刻な難民の状況など、世界をとりまくさまざまなニュースが出題されていました。

こうした時事問題に対応していくためには、知識を単に覚えるだけの学習ではなく、社会で起きている出来事に積極的に向き合うこと、そして、自分の言葉で説明できるようにし、物事を主体的に考えられるようにすることが大切です。

ニュースで扱われた内容を、社会科の学習として認識し、普段から自分の言葉で説明したり、家族や友達と話し合ったりすることを心がけましょう。

なかでも、とくに現在の日本が向き合わなくてはならない財政や社会保障の問題、一票の格差、エネルギー政策といった、多面的な視点をもとに解決していく必要がある、この時代ならではの問題については、自分の言葉で説明したり、自分なりの考えを持ったりすることを意識したいです。

時事問題からは、これからの時代を生きていく子供たちに「社会を今一度しっかり見つめ直してみよう」「社会を変えていくのはあなたたちだ」という学校側のメッセージを受け取ることができるのです。

理解の深さへ...

2017年度入試 出題事例 [1]

大妻多摩中学校 社会 2017年2月1日実施

問5 下の文は下線部④の一部を要約したものです。( あ )の世界遺産登録を審議する際、アメリカは登録を支持しませんでした。アメリカ国内にもこれと同様の意見があるため、オバマ大統領はそのスピーチで、日本がうけた悲惨な出来事に対して一歩踏み込んで発言することができませんでした。下の文章をよく読んで、オバマ大統領が日本に対して発言できなかったことについて説明しなさい。

 71年前の明るく晴れ渡った朝、空から死に神が舞い降り、世界は一変しました。するどい光と炎の壁がこの街を破壊し、人類が自らを破滅に導く手段を手にしたことがはっきりと示されたのです。・・・私たちは、それほど遠くないある過去に恐ろしい力が解き放たれたことに思いをはせるため、ここにやって来ました。私たちは、10万人を超える日本の男性、女性、そして子供、数多くの朝鮮の人々、12人のアメリカ人捕虜ほりょを含む死者を いたむため、ここにやって来ました。彼らの魂が、私たちに語りかけています。彼らは、自分たちが一体何者なのか、そして自分たちがどうなったのかを深くかえりみるように求めています。

(以上、[3]問題より抜粋)

解説

 前アメリカ大統領のオバマ氏は広島の平和記念公園訪問時に哀悼の意を示すスピーチをおこないましたが、そのスピーチのなかで、日本へ原爆を投下したことに対して踏み込んだ発言ができなかった理由を説明させる問題です。
 ニュースとなる出来事や現象に対して、関心を持つだけにとどまらず、意味や内容などをより深く理解しているかが求められています。「じじもん実力テスト 夏休み特別企画版」でも、原爆投下に対するアメリカ国内の世論をグラフ資料で示し、原爆投下が正しかったとする人々の考えを取り上げました。さまざまなニュースとなる出来事や現象を単に「知っている」で終わらせるのでなく、その背景や、国内外への影響なども掘り下げていく必要があります。

当事者意識の重要性...

2017年度入試 出題事例 [2]

鷗友学園女子中学校 社会 2017年2月3日実施

問8 下線部(h)について。2016年9月3日、アメリカの新聞『ニューヨークタイムズ』に、以下のような記事が掲載けいさいされました。

 大学は、過去に奴隷どれい依存いそんしたことへの謝罪を始める

 アメリカ、ワシントンのジョージタウン大学が、1838年に、大学の財政不足を解消するために黒人奴隷272人を売却ばいきゃくするなど、奴隷制と関わったことを公式に認め、学長は謝罪しました。大学の財政不足を補うために奴隷の売却をかえし、現在の価値で約3億4000万円の利益を得たと考えられています。

(『ニューヨークタイムズ』2016年9月3日より。
問題作成のため、一部改編)

 現在、奴隷制度は廃止されていますが、それでも黒人に対する差別はなくなっていません。また、本文やこの記事のように、「過去の行為こういに対する謝罪」が行われても、差別は完全にはなくなっていません。
 この大学の学長やハンセン病患者への謝罪をした最高裁判所の長官は、直接の当事者ではありません。そのため、「昔のことであり、自分たちが直接やったわけではないのだから、謝罪する必要は無い」という意見もあります。
 これに反論する意見を考えて答えなさい。その際、差別を減らすために、私たちは過去のできごとをどのように学ぶことが大切かに触れて答えなさい。

(以上、[3]問題より抜粋)

解説

 2016年9月にアメリカの新聞『ニューヨークタイムズ』に掲載された、過去の差別行為に対する謝罪の記事を題材に、「過去の行為への謝罪は必要ない」という意見に対して反論する意見を説明させる出題です。とかく目の前のことだけが重視されがちな現代において、過去の出来事を学ぶことの重要性を再認識させる良問でした。
 今週のチェック記事(2016年4月30日号)では、ハンセン病患者に対する偏見や差別について、現代に生きる私たちにできることは何か、求められる姿勢はどのようなものかを問題提起しました。ニュースとなる出来事や現象に対して、自分自身や、自分の身のまわりで起きたらどうなるか、自分に置き換えて考えてみましょう。その積み重ねが当事者意識の育成につながっていきます。

未来志向...

2017年度入試 出題事例 [3]

明大明治中学校 社会 2017年2月3日実施

3 下線部②に関連して、この選挙には改正公職選挙法の施行に伴い、日本で初めて18歳と19歳が選挙に参加しました。18歳と19歳の有権者数は約240万人とみられ、全世代の有権者数のわずか2%程度に過ぎませんが、「選挙結果に対して決して無力ではない」と言う意見があります。このように主張できる理由を、次回の総選挙も2016年の通常選挙とほぼ同じ投票率だと仮定し、次の資料を使って説明しなさい。

出題事例 [3]図表

(以上、[3]問題より抜粋)

解説

 日本ではじめて18歳と19歳が参加した2016年7月の参議院議員通常選挙において、18歳と19歳の有権者数が約240万で、全世代の有権者数のわずか2%程度にもかかわらず、「選挙結果に対して決して無力ではない」と主張できる理由を、与えられた資料をもとに考察および説明させる出題です。
 このように時事問題を主体的に学習することは、現代社会がかかえるさまざまな問題を解決する第一歩です。学校側の主権者教育への積極性と、6年後の有権者への熱いエールが読み取れるのではないでしょうか。

多岐にわたる分野から...

 2016年に夏季オリンピック・パラリンピックが開かれたブラジル、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地東京、といった内容を題材とした出題も多かったといえます。他にも、世界文化遺産に登録された「国立西洋美術館本館」、2016年から祝日に加わった「山の日」、働き方改革や天皇の退位、さらに、大きな被害をもたらした熊本地震などの各地の自然災害についても出題が多く見られました。
 そして、今年も新聞の紙面や記事そのものを題材とする出題が多かったことも注目すべきことといえるでしょう。

2017年度入試 出題事例 [4]

光塩女子学院中等科 社会 2017年2月4日実施

② 東京都知事は和服で、内閣総理大臣はゲームのキャラクターにふんして登場しました。次回開さい地である東京を、世界に向けてどのように発信しようとしたのか、あなたの考えを述べなさい。

(以上、[1]問題より抜粋)

解説

 リオデジャネイロオリンピックの閉会式で、次回開催地代表としてステージに上がった東京都知事と日本の内閣総理大臣について、東京都知事が和服で、内閣総理大臣がゲームのキャラクターに扮して登場したことにどのようなメッセージが込められていたかを説明させる出題です。
 時事問題では、関連する地理・歴史・公民分野の知識や理解も不可欠です。ニュースにまつわる幅広い知識が必要となる出題といえます。見出しに扱われるような知識を表面的に定着させていくのではなく、関連知識を幅広く確認したり、疑問に感じたことを調べたりしていくことが大切なのです。

2018年度は...

 2018年度の中学入試においても、社会で起きた出来事に対する深い理解を求めるような出題傾向は変わらないと考えられます。国内の政治・経済などのほか、日本と世界の国々との関わりにも注意が必要です。時事問題そのものだけでなく、その出来事と関わりの深いことについても注意をはらって学習を進めてください。そして、社会で起きた出来事を一つの視点からだけでなく、複眼的に考え、調べていきましょう。
 「じじもんスクラム」では、世の中で話題となっていることについて、さまざまな見方・視点を示していきますので、それらを身近に感じることで、自分なりの意見を持てるようになっていきましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ


ページの先頭へ