ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

SAPIXが考える中学入試の時事問題対策

編集長 サピックス小学部社会科
岡本茂雄

時事問題学習の重要性について

この社会で起きていることを、子どもたちにも

「社会」という言葉の意味を知っていますか。「社会」とは、人々の集まりを示す言葉であり、人々の相互関係のことをも指します。みなさんの家族も小さな社会ですし、学校も町も、そして世界も一つの大きな社会なのです。私たちはこうした「社会」の中で暮らしています。つまり、社会科を学ぶということは、私たちがどのようなところで暮らしているのか、どのような関わりを持って暮らしているのか、どうしてそうなったのか、それらを考えることなのです。
 中学入試問題を分析していると、ある傾向に気がつきます。それは「子どもたちにも、この社会でどのようなことが起こっているのかを、自分自身の頭で考えてほしい」という、学校側の強いメッセージがこめられているということです。そのことを反映するかのように、近年「時事問題」に関する出題が多くなってきました。時事問題こそ、現実のさまざまな問題に興味・関心を持って、自分自身の頭で考えているかどうかをはかる、本当の社会科の学力を問う格好の題材といえるでしょう。時事問題と聞くと、とても取り組みにくいもののように思えるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

毎日読む新聞から、ニュースを見る目を養う

■今週のチェック記事

「じじもんスクラム」では、毎日読まれている新聞の中から重要であると考えられる記事をピックアップしています。そして、内容を理解する上で注目してほしいポイントも紹介していますので、今起きている出来事について、考える手がかりを持ちながら正しく理解できるようになっています。
 まずは、「ひと言ポイント」に注意しながら記事を読んでみてください。難しい内容が含まれているものもあると思います。少しでも疑問点が出てきたら、それについてご家族と話し合ってみましょう。ていねいな読解と多くの会話・討論の経験をしていくうちに、少しずつ社会の変化が理解できるようになってくるはずです。これをきっかけに、日ごろから世の中の出来事に関心を持ち、ニュースを見る目を養い、みなさんなりの意見や考えを持つようになってほしいと思います。

■復習問題

今週のチェック記事や、それに関連する内容についての「復習問題」を作成しますので、サイトで紹介された内容をどれだけ理解しているかを確認してください。復習することで、受験対策としての学力がより確かなものとなりますし、社会科の学習を大きくサポートするという点においても効果的です。

分析・傾向

2018年度の中学入試においては

多くの学校において、社会で起きた出来事を題材とした出題がなされ、普段から時事問題の対策をしていたかどうかで得点に大きな差がついたものと予想されます。

選挙権年齢が18歳に引き下げられて以降はじめておこなわれた衆議院議員総選挙や、憲法改正をめぐる議論、天皇の退位特例法など、国内で大きな注目を集めたニュースについて問われていました。国際社会からも、アメリカのトランプ大統領の誕生、イギリスのEU(欧州連合)離脱、核兵器禁止条約の採択と課題など、世界をとりまくさまざまなニュースが出題されていました。

こうした時事問題に対応していくためには、知識を単に覚えるだけの学習ではなく、社会で起きている出来事に積極的に向き合うこと、そして、自分の言葉で説明できるようにし、物事を主体的に考えられるようにすることが大切です。

ニュースで扱われた内容を、社会科の学習として認識し、普段から自分の言葉で説明したり、家族や友達と話し合ったりすることを心がけましょう。

なかでも、とくに現在の日本が向き合わなくてはならない財政や社会保障の問題、一票の格差、エネルギー政策といった、多面的な視点をもとに解決していく必要がある、この時代ならではの問題については、自分の言葉で説明したり、自分なりの考えを持ったりすることを意識したいです。

時事問題からは、これからの時代を生きていく子供たちへの「社会を今一度しっかり見つめ直してみよう」「社会を変えていくのはあなたたちだ」という学校側のメッセージを受け取ることができるのです。

意味の理解を...

2018年度入試 出題事例 [1]

江戸川学園取手中学校 社会 2018年1月25日実施

A 第9条 1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

  2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の( 1 )は、これを認めない。

問2 文中の下線部①は、 芦田修正あしだしゅうせいと呼ばれています。それは、日本国憲法を制定する過程で、原案にはなかった下線部①の一文を、当時の自由党の芦田均あしだひとし委員長が付け加える修正を行ったためです。芦田均自身、昭和32(1952)年に行われた憲法調査会において、「私は一つの含蓄がんちくをもってこの修正を提案した」と証言しています。芦田均は、なぜ下線部①の一文を加えたと考えられますか。現在の政府見解の立場から、以下の語句を用いて説明しなさい。

   国際紛争 戦力 自衛権

(以上、[5]問題より抜粋)

解説

 日本国憲法を制定する過程で、第9条の原案になかった「前項の目的を達するため」という一文を、当時の自由党の芦田均委員長が付け加えた理由を説明させる問題です。
 現在の日本政府の見解がどのようなものであるかをきちんと理解したうえで、付け加えた一文の意味と関連させることができたかが求められています。今週のチェック記事(2017年5月3日号)では、改正項目に挙げられている内容に加え、憲法改正に関する様々な考え方や、その比較の重要性を取り上げました。日本国憲法の条文を単に暗記するのではなく、ニュースとなる出来事と関連させながら掘り下げていく必要があるでしょう。

資料を分析する力...

2018年度入試 出題事例 [2]

國學院久我山中学校 社会 2018年2月5日実施

問9 ⑨の沖縄県では、1956年の「コザ市誕生」を機に沖縄全島エイサーまつりが始まりました。現在、沖縄には日本の在日米軍施設の多くが集中し、社会問題になっています。次の表は、日本全国の在日米軍施設土地面積の推移を示したものです。在日米軍施設は整理・統合が進められ、下のグラフをみると面積は縮小してきていますが、ある年だけ前年に比べて大幅に拡大しています。その背景を2行で説明しなさい。

出題事例 [2]図表

(以上、[2]問題より抜粋)

解説

 日本全国の在日米軍施設土地面積の推移を示したグラフを題材に、ある年だけ前年に比べて大幅に拡大した背景を説明させる問題です。1973年の面積が拡大した背景には、もちろん1972年の沖縄返還がありますが、グラフの意味を分析し、沖縄返還という歴史的な出来事と照らし合わせながら、正しく説明する必要がありました。このような資料を分析する力も、時事問題の理解には不可欠です。
 今週のチェック記事(2017年5月16日号)では、本土に復帰して45年経った沖縄の「光」と「影」について取り上げました。ニュースに関連する地理・歴史・公民分野の知識を幅広く確認したり、疑問に感じたことを調べたりしていくことも重要です。

今あるものを疑う姿勢...

2018年度入試 出題事例 [3]

光塩女子学院中等科 社会 2018年2月2日実施

問17 下線部17に関する次のお話を読み、多数決というしくみの問題点を説明しなさい。

 あるところに働きアリ3びき、働けない老人アリ1ぴき、病気のアリ1ぴきがくらしていました。夏の間に集めた食料の分配方法をめぐり、彼らの間に争いが起こりました。そこで、5ひきでいくつかの案を出して多数決をとったところ、働きアリは1日にパン6個、老人アリは2個、病気のアリは1個があたえられるという案に決まりました。

(以上、問題17の抜粋)

解説

 働きアリ3びき・働けない老人アリ1ぴき・病気のアリ1ぴきそれぞれに対する食料分配方法を題材に、多数決というしくみの問題点を説明させる問題です。物事を決める際に多数決を採ることが多いですが、その決め方に問題点がないのか、当たり前に存在するものを疑ってみる姿勢が問われています。
 このような姿勢を日ごろから意識することで物事を多面的にとらえることができ、それまでなかった新しい発想を生み出すことができるかもしれません。

現代社会の課題...

2018年度入試 出題事例 [4]

日本女子大学附属中学校 社会 2018年2月1日実施

問5 瀬戸内海沿岸には自動車工場があります。近年、自動車産業は「自動運転技術」の開発に力を注いでいます。自動車の自動運転技術が発達することは、下の資料から読み取れる日本社会の課題に対して、どのように役立ちますか、あなたの考えを述べなさい。

出題事例 [4]図表

(以上、[7]問題より抜粋)

解説

 自動車の自動運転技術の発達が、日本社会の課題に対してどのように役立つか、総人口や年齢別割合の推移を読み取って説明する問題です。
 今週のチェック記事(2017年9月3日号)では、自動運転サービスの実証実験を紹介し、どのような課題の解決が期待されているかを考えてもらいました。自分になじみの薄い事柄でも、自分自身や、自分の身のまわりで起きたらどうなるか、自分に置き換えて考えてみることで、想像力の育成や、物事の本質的な理解へつながっていくのではないでしょうか。

2019年度は...

 2019年度の中学入試においても、社会で起きた出来事に対する深い理解を求めるような出題傾向は変わらないと考えられます。国内の政治・経済などのほか、日本と世界の国々との関わりにも注意が必要です。時事問題そのものだけでなく、その出来事と関わりの深いことについても注意をはらって学習を進めてください。そして、社会で起きた出来事を一つの視点からだけでなく、複眼的に考え、調べていきましょう。
 「じじもんスクラム」では、世の中で話題となっていることについて、さまざまな見方・視点を示していきますので、それらを身近に感じることで、自分なりの意見を持てるようになっていきましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ


ページの先頭へ