ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

SAPIXが考える中学入試の時事問題対策

サピックス小学部社会科教科責任者
岡本茂雄

時事問題学習の重要性について

この社会で起きていることを、子どもたちにも

「社会」という言葉の意味を知っていますか。「社会」とは、人々の集まりを示す言葉であり、人々の相互関係のことをも指します。みなさんの家族も小さな社会ですし、学校も町も、そして世界も一つの大きな社会なのです。私たちはこうした「社会」の中で暮らしています。つまり、社会科を学ぶということは、私たちがどのようなところで暮らしをしているのか、どのような関わりを持って暮らしているのか、どうしてそうなったのか、それらを考えることなのです。
 中学入試問題を分析していると、ある一つの傾向に気がつきます。それは「子どもたちにも、この社会でどのようなことが起こっているのかを、自分自身の頭で考えてほしい」という、学校側の強いメッセージがこめられているということです。そのことを反映するかのように、近年「時事問題」に関する出題が多くなってきました。時事問題こそ、現実のさまざまな問題に興味・関心を持って、自分自身の頭で考えているかどうかをはかる、本当の社会科の学力を問う格好の題材と言えるでしょう。時事問題と聞くと、とても取り組みにくいもののように思えるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

毎日読む新聞から、ニュースを見る目を養う

■今週のチェック記事

「じじもんスクラム」では、毎日読まれている新聞の中から重要であると考えられる記事をピックアップしています。そして、内容を理解する上で注目してほしいポイントも紹介していますので、今起きている出来事について、考える手がかりを持ちながら正しく理解できるようになっています。
 まずは、「ひと言ポイント」に注意しながら記事を読んでみてください。難しい内容が含まれているものもあると思います。少しでも疑問点が出てきたら、それについてご家族とその内容について話し合ってみましょう。ていねいな読解と多くの会話・討論の経験をしていくうちに、少しずつ社会の変化が理解できるようになってくるはずです。これをきっかけに、日ごろから世の中の出来事に関心を持ち、ニュースを見る目を養い、みなさんなりの意見や考えを持つようになってほしいと思います。

■復習問題

今週のチェック記事や、それに関連する内容についての「復習問題」を作成しますので、サイトで紹介された内容をどれだけ理解しているかを確認してください。復習することで、受験対策としての学力がより確かなものとなりますし、社会科の学習を大きくサポートするという点においても効果的です。

分析・傾向

2016年度の中学入試においては

ほとんどの学校において、社会で起きた出来事を題材とした出題がなされ、普段から時事問題の対策をしていたかどうかで得点に大きな差がついたものと予想されます。

 選挙権年齢が18歳に引き下げられたこと、与野党の長期化した協議の末に成立した安保法制について、世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」をはじめ、国内で大きな注目を集めたニュースについて問われていました。国際社会からも、混迷をきわめるシリア情勢とともに難民・移民の深刻な状況や、アメリカやヨーロッパ、中国、韓国、北朝鮮など、世界をとりまくさまざまなニュースが問題とされていました。

 こうした時事問題に対応していくためには、知識を単に覚えるだけの学習ではなく、社会で起きている出来事に積極的に向き合うこと、そして、自分の言葉で説明できるようにし、物事を主体的に考えられるようにすることが大切です。

 ニュースで扱われた内容を、社会科の学習として認識し、普段から自分の言葉で説明したり、家族や友達と話し合ったりすることを心がけましょう。
 中でもとくに現在の日本が向き合わなくてはならない財政や社会保障の問題、一票の格差、エネルギー政策といった、多角的な視点をもとに解決していく必要がある、この時代ならではの問題については、自分の言葉で説明したり、自分なりの考えを持ったりすることを意識したいです。
 時事問題からは、これからの時代を生きていく子供たちに「社会を今一度しっかり見つめ直してみよう」「社会を変えていくのはあなたたちだ」という学校側のメッセージを受け取ることができるのです。

多角的な視点が問われる出題...

2016年度入試 出題事例 [1]

鷗友学園女子中学校 社会 2016年2月1日実施

問7 民主主義では、さまざまな問題を解決するために、話し合いが行われます。しかし、賛成、反対、両方の意見がでて、なかなか結論が出ない問題もあります。
沖縄県の基地問題もその一つです。

(1)【資料9】は、1972年度から2012年度までの沖縄県の県民総所得と県民総所得に占める基地関連収入の割合および観光収入の割合の推移を示したグラフです。【資料9】は、沖縄県に基地は必要だと考える根拠(こんきょ)としても、不要であると考える根拠としても用いることができます。【資料9】を、沖縄県に基地は不要であると考える根拠として用いることができるのはなぜか、答えなさい。

出題事例 [1]図表

(以上、[3]問題より抜粋)

解説

 沖縄が日本に返還された1972年以降の沖縄県の「県民所得」、「県民所得のうち(アメリカ軍)基地関連収入の割合」、「県民所得のうち観光収入の割合」の移り変わりを読み取り、現在の沖縄県にとって基地が「必要である」、または「不要である」とするそれぞれの意見を考え、「不要である」とする根拠を説明する問題です。
 民主主義における話し合いやさまざまな意見の重要性を認識することは、時事問題を学習する上で欠かせないことです。今週のチェック記事では、多くのアメリカ軍施設がある沖縄県の現状や普天間飛行場の移設について取り上げてきました。沖縄県の現状を知るためには、決められた一つの視点でなく、さまざまな角度から考える必要があります。普段からニュースとなる出来事や現象に対して、話し合いを通して、さまざまな意見があることを認識することが時事問題を解く上での対策になっています。

戦後70年...

今から○○年前というように、過去をさかのぼった出来事や時代についての問題も特筆すべき出題形式となっています。2015年は1945年の太平洋戦争終結から70年を迎えた年でした。安倍内閣が戦後70年談話を発表し、大きなニュースとなりました。戦争中の国民生活や戦後の日本が歩んだ時代についても多くの学校で出題されていました。

2016年度入試 出題事例 [2]

明治大学付属明治中学校 社会 2016年2月2日実施

出題事例 [2]図表

15 下線部   の中に、『平和のために、私が出来ること』とありますが、あなた自身は具体的にどのような取り組みができると考えますか。下の表も参考にしながら、述べなさい。

出題事例 [2]図表

(以上、[III]問題より抜粋)

解説

「平和のためにあなた自身ができること」を戦争に関する質問に対する世代別の正答率をもとに考え、説明する問題です。戦争が風化してきている現状をしっかり認識し、それを防ぐために個人単位でできることを再確認させるような出題でした。
 今週のチェック記事(2015年8月15日号)では安倍内閣の戦後70年談話について取り上げ、私たちが戦争を語りついでいくためには何が必要であるかを問題提起しました。現代に生きる私たちができることは何か、何をしていけば良いのかを考えることも時事問題の対策につながっています。

多岐にわたる分野から...

2016年に主要国首脳会議が開かれる伊勢志摩サミット、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地東京、といった国際的な内容を題材とした出題も多かったといえます。他にも世界文化遺産に登録された富士山(2013年)や富岡製糸場(2014年)、2014年に噴火した御嶽山などのように、2015年から2年、3年前の出来事も問われています。
素粒子「ニュートリノ」の研究で2015年にノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章博士の功績、微生物の研究で多くの人の命を救い、ノーベル生理・医学賞を受賞した大村智博士の功績のような科学分野の他、大きな被害をもたらした各地の自然災害についても出題が多く見られました。
 そして、今年も新聞の紙面や記事そのものを題材とする出題が多かったことも注目すべきことといえるでしょう。

2016年度入試 出題事例 [3]

洛星中学校 後期日程 社会 2016年1月21日実施

問7.三重県志摩市が今年のサミット開催地に選ばれた理由に、警備のしやすさがあげられています。どのような点で警備がしやすいのかを、サミットが開催される場所をしめした右の地図(国土地理院発行 25,000分の1地形図「浜島」部分、原寸)から読みとり、答えなさい。なお、サミットが開催される場所は、地図中の○で囲んだところです。

出題事例 [2]図表

(以上、[B]問題より抜粋)

解説

 伊勢志摩の「賢島」が2016年サミットの開催地となった理由を、地形図から読み取る問題です。今週のチェック記事(2015年6月10日号)では、2016年の主要国首脳会議の開催地が伊勢志摩となったことを取り上げています。いくつかの開催候補地の中でこの地が選ばれたのにはどのような理由があるのでしょうか。
ニュースの内容の表面だけを読み取るだけではなく、ニュースにまつわる幅広い知識が必要となる出題であるといえます。見出しに扱われるような知識を定着させていくことだけが社会科の学習ではありません。できごとの背景や経緯、影響というように、関連する幅広い知識を定着させていくことが欠かせないのです。

2017年度は...

2017年度の中学入試においても、社会で起きた出来事に対する深い理解を求めるような出題傾向は変わらないと考えられます。国内の政治・経済などのほか、日本と世界の国々との関わりにも注意が必要です。時事問題そのものだけでなく、その出来事と関わりの深いことについても注意をはらって学習を進めてください。そして、社会で起きた出来事を一つの視点からだけでなく、複眼的に考え、調べていきましょう。
 「じじもんスクラム」では、世の中で話題となっていることについて、さまざまな見方・視点を示していきますので、それらを身近に感じることで、自分なりの意見を持てるようになっていきましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の岩田です
サピックスで社会科を担当している岩田です。
編集長とともにじじもんスクラムでさまざまなことをお伝えしようと思います。

このページの先頭へ


ページの先頭へ