ここから本文です

読売新聞×SAPIPX じじもん Scrum(スクラム)—応援します、中学受験!

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

今週の読売新聞チェック記事はこれ!

010 2019年4月19日号
(4月12日朝刊~4月18日夕刊まで)

4月12日(金)
  • 朝刊13版 1面 賃金 電子マネー解禁へ
  • 朝刊14版 1面 賃金 電子マネー解禁へ
ひと言ポイント

 厚生労働省は、現在は現金と金融機関への口座振り込みしか認めていない労働者への賃金支払い手段として、新たにスマートフォンのアプリなどを使った電子マネーを解禁する方針を決めました。日本での口座開設が難しい外国人労働者らの就労環境を整えるねらいがあるようです。賃金を電子マネーで支払うことのメリットとデメリットについて記事を参考に整理してみましょう。なお、仮想通貨は除外されるようです。

4月13日(土)
  • 朝刊13版 1面、7面、30面、32面 熊本地震 あす3年
  • 朝刊14版 1面、7面、30面、32面 熊本地震 あす3年
ひと言ポイント

 熊本地震は、最初の震度7を観測した「前震」から、14日で3年となります。2016年4月14日夜に前震、同16日未明に本震が起き、震度7の連続地震は観測史上初めてでした。3年経った今なお約1万6500人が仮設住宅で暮らしており、住まいの再建だけでなく、仮設退去後の生活支援も重要といえます。自然災害の際に必要だと考えられる「自助・共助・公助」とは何なのかということを意識しながら記事を読んでみましょう。

4月13日(土)
  • 朝刊13版 1面、3面 水産物禁輸 WTO日本敗訴
  • 朝刊14版 1面、3面 水産物禁輸 2国間協議で打開探る
ひと言ポイント

 韓国が2013年9月から福島・宮城・岩手など8県産の水産物輸入を全面禁止にしていることをめぐる日韓の貿易紛争で、世界貿易機関(WTO)の上級委員会が日本敗訴の判断を下しました。日本政府は韓国との2国間協議によって事態を打開する方針を示しましたが、韓国側はWTOの判断を受けて禁輸継続の方針を明言しました。今回の判断が日本に与える影響を記事で確認してみましょう。【4/12(金)1面にも関連記事あり(14版のみ)】

4月13日(土)
  • 朝刊13版 1面、2面 70歳以上 初の2割超
  • 朝刊14版 1面、2面 70歳以上 初の2割超
ひと言ポイント

 総務省は2018年10月1日時点の日本の総人口の推計(在日外国人を含む)を発表しました。前年比26万3000人減の1億2644万3000人で、8年連続の減少となりました。このうち総人口に占める70歳以上の割合が20.7%と初めて2割を超えました。また、都道府県別では人口が増加したのは7都県だけとなっています。どの都道府県で人口が増加しているのか、その理由を含めて考えてみてください。

4月14日(日)
  • 朝刊13版 1面、3面、4面、33面 10連休 保育補助3倍
  • 朝刊14版 1面、3面、4面、33面 10連休 保育補助3倍
ひと言ポイント

 皇位継承にともなう今月27日からの10連休、皆さんは何をしますか。10連休の社会への影響をさまざまな立場から考えてみてほしいと思います。医療や介護、教育・保育などの現場におけるさまざまな問題。日本全体の経済効果としてはプラスなのかマイナスなのか、全体ではマイナスのほうが大きいと予想されているようですが、それはなぜなのでしょう。

4月17日(水)
  • 朝刊13版 1面、6面、7面、34面 フランス 聖堂再建目指す
  • 朝刊14版 1面、6面、7面、34面 フランス 聖堂再建目指す
ひと言ポイント

 ユネスコの世界文化遺産にも登録されているパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で、大規模な火災が起きたことを伝えています。フランスの人々の思いに寄り添うとともに、再建に向けた取り組みに注目していきましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ