ここから本文です

読売新聞×SAPIPX じじもん Scrum(スクラム)—応援します、中学受験!

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

今週の読売新聞チェック記事はこれ!

029 2021年9月24日号
(9月17日(金)朝刊から9月23日(木)朝刊まで)

9月20日(月)
  • 朝刊13版 1面、13面 65歳以上 最多29%
  • 朝刊14版 1面・13面 65歳以上 最多29%
ひと言ポイント

 総務省は20日の敬老の日に合わせ、65歳以上の高齢者の推計人口(9月15日現在)を発表しました。高齢者は前年比22万人増の3640万人、総人口に占める割合は前年比0.3ポイント上昇して29.1%となり、いずれも過去最高を更新しました。働く人全体に占める高齢者の割合も上昇し続けており、政府は高齢者の就労環境のための法整備を進めています。どのような法律でしょうか。一方、企業側は65歳以降の雇用には慎重な姿勢がみられます。その理由を考えてみましょう。

9月20日(月)
  • 朝刊13版 2面 宇宙旅行時代 到来へ
  • 朝刊14版 2面 宇宙旅行時代 到来へ
ひと言ポイント

 皆さんは宇宙に行ってみたいですか?アメリカ宇宙企業スペースX社は、同社の宇宙船に民間人男女4人を乗せた3日間の地球周回ツアーに成功しました。スペースX社は2023年には月旅行を計画し、新たな宇宙船を開発しているようです。宇宙旅行に気軽に行ける日はそれほど遠い未来ではないかもしれません。

9月21日(火)
  • 朝刊13版 7面 ブランド品種 海外流出深刻
  • 朝刊14版 7面 ブランド品種 海外流出深刻
ひと言ポイント

 国内で長い年月をかけて開発された果物(例えばぶどう…シャインマスカット、ルビーロマン)などの「ブランド品種」の海外流出が深刻化しています。政府は登録品種の海外持ち出しを禁じている改正種苗法を施行しましたが、いったん持ち出されると栽培を差し止められません。無断栽培を食い止めるには各国で品種登録する必要があり、農林水産省は登録にかかる費用を助成するなど支援を強化しています。優れた品種を知的財産として守るため、政府には実効性のある対策が求められています。

9月21日(火)
  • 朝刊13版 19面 小中学校 上履き廃止の動き
  • 朝刊14版 19面 小中学校 上履き廃止の動き
ひと言ポイント

 皆さんの小学校では上履きを使用していますか? 最近、上履きを廃止する学校が増えているようです。上履きがあることによるメリットとデメリットをさまざまな視点から挙げてみましょう。上履きの使用の背景には、地域の事情、日本の文化や歴史にも関わっているのかもしれません。身近なものになぜ?というアンテナを張ることは大切です。

9月22日(水)
  • 朝刊13版 1面 中秋の「満月」
  • 朝刊14版 1面 中秋の「満月」
ひと言ポイント

 古くから月を眺める習慣のある中秋(旧暦8月15日)の21日、日本各地で「中秋の名月」が姿を現しました。暦と満月の日は必ずしも一致しませんが、今年は8年ぶりに重なりました。芋名月とも呼ばれるこの十五夜におこなわれるお供えや風習について調べてみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ