ここから本文です

読売新聞×SAPIPX じじもん Scrum(スクラム)—応援します、中学受験!

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

今週の読売新聞チェック記事はこれ!

021 2024年7月18日号
(7月11日(木)朝刊から7月17日(水)朝刊まで)

7月11日(木)
  • 朝刊13版 2面・23面 【魚食べてますか】羅臼の海 サケからブリに
  • 朝刊14版 2面・23面 【魚食べてますか】羅臼の海 サケからブリに
ひと言ポイント

 サケの水揚げで知られる北海道東部の羅臼漁港で、ブリの漁獲が増加していることが報じられています。一方、日本全体で主要魚種のうち大きく減少しているのがサケやサンマ、スルメイカです。この30年ほどでサンマ・スルメイカはともに9割減、サケも6割減となっているようです。
 このような変化の理由について、記事をヒントにいろいろ考えてみましょう。

7月12日(金)
  • 朝刊13版 10面 日本アイス 海外で好評
  • 朝刊14版 10面 日本アイス 海外で好評
ひと言ポイント

 日本アイスクリーム協会が発表した2023年度のアイスクリーム販売額は、前年度比約10%増の6082億円となり4年連続過去最高を更新しています。このような市場規模拡大の背景の一つに日本気象協会から提供される気象予測データがあるようです。そのデータをどのように使うのか考えてみましょう。
 さらに、アイスクリームの輸出も伸びていて、2023年の輸出額は前年比23.5 %増の79億円で過去最高となっており、そのうち6割超は台湾、香港、中国が占めています。輸出が伸びている背景についても考えてみましょう。

7月13日(土)
  • 朝刊13版 29面 世界人口 ピークは103億人
  • 朝刊14版 29面 世界人口 ピークは103億人
ひと言ポイント

 国連は、現在約82億人いる世界の人口が2080年代半ばに103億人でピークを迎え、今世紀末に減少に転じるとの推計を発表しました。従来の予測では今世紀末に109億人まで増えてピークを迎えるとしていましたが、そのピークが早まったようです。何か理由があるのでしょうか。

7月14日(日)
  • 朝刊13版 6面 【New門】日本発QR 広がる用途
  • 朝刊14版 6面 【New門】日本発QR 広がる用途
ひと言ポイント

 QR (クイック・レスポンス)コードが開発されてから今年で30年になります。バーコードと異なり、360度どこからでもわずか0.03秒で情報が読み取れることから、現在では工場での部品管理や広告、交通機関のモバイル搭乗券など幅広く使われています。街中でQRコードがどのように利用されているか、探してみましよう。

7月17日(水)
  • 朝刊13版 11面 クロマグロ漁獲枠1.5倍に
  • 朝刊14版 11面 クロマグロ漁獲枠1.5倍に
ひと言ポイント

 太平洋クロマグロの資源管理を話し合う国際会議「中西部太平洋まぐろ類委員会」が16日閉幕し、日本の年間漁獲枠を現行の10~50%増とすることで合意しました。太平洋クロマグロは乱獲により絶滅危惧種に分類された時期もありましたが、国際的な漁業規制が奏功し近年の資源量は回復傾向にあります。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

このページの先頭へ

このページの先頭へ