ここから本文です

読売新聞×SAPIPX じじもん Scrum(スクラム)—応援します、中学受験!

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

今週の読売新聞チェック記事はこれ!

007 2021年4月16日号
(4月9日朝刊から4月15日朝刊まで)

4月10日(土)
  • 朝刊13版 15面 多機能トイレ 利用者分散
  • 朝刊14版 15面 多機能トイレ 利用者分散
ひと言ポイント

 ベビーベッドやオストメイト(人工肛門等利用者)用汚物流しの機能を駅などの多機能トイレから、普通のトイレに分散させる取り組みが広がっています。この理由について記事から読み取ってください。

4月11日(日)
  • 朝刊13版 1面、35面 「5メートル以上」防潮堤290キロ
  • 朝刊14版 1面、35面 「5メートル以上」防潮堤290キロ
ひと言ポイント

 東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島3県で、高さ5メートル以上の防潮堤が震災前の1.6倍となる約290キロになることが調査で分かったことを伝えています。このように防潮堤の巨大化が進んだ一方で、震災当初の計画より防潮堤の高さを下げた地区もあったようです。防潮堤の建設費用の負担、維持費の負担、まちづくり、景観など、おのおのの自治体がさまざまな視点で防潮堤建設について苦慮した状況がわかります。

4月11日(日)
  • 朝刊13版 3面 「同一賃金」中小手探り
  • 朝刊14版 3面 「同一賃金」中小手探り
ひと言ポイント

 働き方改革関連法により、「同一労働同一賃金」が今月から中小企業にも適用されています。「同一労働同一賃金」とはどのようなことなのでしょうか。また、その政策のねらいは何でしょうか。記事で確認してみてください。

4月13日(火)
  • 朝刊13版 2面、39面 中2の6% 介護や家事
  • 朝刊14版 2面、39面 中2の6% 介護や家事
ひと言ポイント

 みなさんは「ヤングケアラー」という言葉を聞いたことがありますか。「ヤングケアラー」とは、親やきょうだいの介護や家事に追われる若年層のことで、厚生労働省が初の全国的な実態調査をおこなったところ、中学2年の6%、高校2年の4%がそれに該当すると発表しました。家族の世話にかかる時間は1日平均で4時間に上り、勉強や睡眠時間の不足を訴える声も浮かびあがりました。また、ヤングケアラーの約6割は学校などに相談した経験がないようです。相談体制の強化が求められています。

4月14日(水)
  • 朝刊13版 29面、31面 熊本城復旧 難題の耐震対策
  • 朝刊14版 29面、31面 熊本城復旧 難題の耐震対策
ひと言ポイント

 2016年4月14、16日の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城(熊本市)の復旧工事が進んでいることを伝えています。5年の節目となる今春、鉄筋コンクリート造の天守の工事が完了しましたが、被災した石垣の多くはまだ修復されておらず、市によると全体の復旧完了は2037年度と見込まれています。文化財の価値保全と耐震対策の両立が大きな課題となっています。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ