ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

012 2019年5月2日号
(4月26日朝刊~5月2日夕刊まで)

4月26日(金)
  • 朝刊13版 33面 纏向遺跡 祭祀にカエルか
  • 朝刊14版 33面 纏向遺跡 祭祀にカエルか
ひと言ポイント

 邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纏向遺跡で、3世紀中頃の穴から出土したカエルの骨117点を確認したと、発表されました。神聖な生き物として祭祀に用いられたとみられる状況で出土した国内初の例とのことです。カエルがどのような祭祀に用いられたか、想像してみましょう。

4月27日(土)
  • 朝刊13版 22面 地物食材も「出場」争い
  • 朝刊14版 22面 地物食材も「出場」争い
ひと言ポイント

 東京オリンピック・パラリンピックは、日本の食材を国内外にアピールする絶好の機会となります。選手村や競技会場に、地元野菜や果物、水産品を提供しようと、地方自治体では、食材の安全性などを保証する認証制度GAPの取得など、さまざまな準備を進めています。GAPとはどのような制度か、自治体ごとにどのような食材があるかを記事で確認してみましょう。

4月30日(火)
  • 朝刊13版 1面、3面など 陛下きょう退位 平成終幕へ
  • 朝刊14版 1面、3面など 陛下きょう退位 平成終幕へ
ひと言ポイント

 天皇陛下(第125代、御名・明仁=あきひと)は30日、皇室典範特例法の規定に従って退位され、平成が幕を閉じることになります。同日夕方には皇居で国の儀式「退位礼正殿の儀」に臨まれます。在位の期間は30年3か月あまり、日数は1万1071日におよびました。天皇陛下が在位中に取り組まれた、憲法で定められた国事行為や、象徴の地位にもとづく公的行為にどのようなものがあったか、記事で確認しましょう。また、5月1日3面の記事の見出しに「退位 憲法に配慮」とありますが、この意味について確認してみましょう。

5月1日(水)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面、32面、33面など 新天皇陛下即位 令和元年
  • 朝刊14版 1面、2面、3面、32面、33面など 新天皇陛下即位 令和元年
ひと言ポイント

 天皇陛下(第125代、御名・明仁=あきひと)の30日の退位にともない、新たに皇太子徳仁親王殿下が5月1日午前0時、第126代天皇に即位されました。天皇の退位は1817年の光格天皇以来202年ぶりで、憲政史上初めてのことです。「平成」が終わり、新元号「令和」に改まりました。平成の天皇陛下が退位礼正殿の儀において述べられたお言葉をじっくり読み、込められた思いに寄り添ってみましょう。

5月2日(木)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面、4面、27面など 「国民を思い 象徴の責務を果たす」
  • 朝刊14版 1面、2面、3面、4面、27面など 「国民を思い 象徴の責務を果たす」
ひと言ポイント

 第126代天皇に即位した天皇陛下は1日、皇居で皇位継承の儀式に臨まれました。「令和」の初日を迎えた国内は、新天皇即位の祝賀ムードがひろがっています。皇位継承にともなう最初の儀式である「剣璽等承継の儀」の内容や、国民の代表と会う「即位後朝見の儀」で天皇陛下が述べられたお言葉、平成の時の儀式と今回のさまざまなちがいを記事から読み取ってみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ