ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

017 2019年6月7日号
(5月31日朝刊から6月7日夕刊まで)

6月1日(土)
  • 朝刊13版 1面、37面 取り調べ全過程 可視化
  • 朝刊14版 1面、37面 取り調べ全過程 可視化
ひと言ポイント

 殺人や傷害致死といった裁判員裁判の対象事件などについて、容疑者の取り調べの全過程を録音・録画(可視化)することを義務づける改正刑事訴訟法が1日、スタートしました。取り調べを可視化することで容疑者・検察官にどのようなメリットがあるのか、記事から読み取りましょう。昨年6月から始まっている「司法取引」についても、合わせて確認しておきましょう。

6月1日(土)
  • 朝刊13版 2面 新ふるさと納税 始動
  • 朝刊14版 2面 新ふるさと納税 始動
ひと言ポイント

 ふるさと納税の新制度が始まったことを伝えています。ふるさと納税とは、故郷や応援したい地方自治体に寄付をすることで住民税などが軽減される制度ですが、アマゾンのギフト券など過度な返礼品で多くの寄付を集める泉佐野市などの手法が問題視されてきました。そこで今回、返礼品を「寄付額の3割以下の地場産品」とする基準を満たした地方自治体だけをふるさと納税制度の対象にする仕組みとしました。ふるさと納税制度が設けられている目的を改めて考えてみましょう。

6月2日(日)
  • 朝刊13版 1面、16面、17面、31面 聖火リレー121日間
  • 朝刊14版 1面、16面、17面、31面 聖火リレー121日間
ひと言ポイント

 2020年東京オリンピックの聖火リレールートの概要が発表され、聖火が各地の世界遺産や東日本大震災からの復興の象徴となる場所をめぐることになりました。リレーは121日間で、2020年3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」をスタートすることになっています。詳細は年末ごろ発表予定ですが、どのような市区町村を通るのか、ルートにどのような見所や名所があるのか確認してみましょう。

6月3日(月)
  • 朝刊13版 27面 脱現金 ピッと支払い
  • 朝刊14版 27面 脱現金 ピッと支払い
ひと言ポイント

 皆さんは、スイカやパスモで買い物をしたことがありますか。現在、政府は現金を使わないで決済するキャッシュレス化を進めようとしています。今のところ、日本では他国と比べ現金(キャッシュ)での支払いが多くなっていますが、それはなぜなのでしょう。キャッシュレス化のメリット、デメリットを考えてみましょう。

6/5(水)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面、7面 厳戒下の平穏 天安門30年
  • 朝刊14版 1面、2面、3面、7面 厳戒下の平穏 天安門30年
ひと言ポイント

 中国共産党政権が学生らの民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から、4日で30年となりました。天安門は北京に位置する城門で、1949年にこの門の上で毛沢東が中華人民共和国の建国を宣言したことでも知られています。天安門事件とはどのような出来事だったのか、事件が現在の中国にどのような影響をあたえているのか、少し難しいですが、記事から読み取ってください。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ