ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

024 2019年7月26日号
(7月19日朝刊から7月25日朝刊まで)

7月19日(金)
  • 朝刊13版 2面 サンマ漁獲枠55万トン合意
  • 朝刊14版 2面 サンマ漁獲枠55万トン合意
ひと言ポイント

 不漁が続くサンマの資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPEC)の年次会合において、サンマの漁獲量に上限を設ける規制を2020年に導入することで合意しました。北太平洋でサンマ漁をおこなう国・地域全体の漁獲量を年55.6万トンに抑えることになります。日本のサンマ漁獲量は2009年頃まで20~30万トン前後で推移していましたが、2017年は8.4万トンと記録的な不漁に見舞われ、おもに公海で操業する船によって日本へ回遊してくる前に先取りされているとの見方もあるようです。【20日(土)3面にも関連記事あり】

7月21日(日)
  • 朝刊13版 25面 アポロ11号 月面着陸50年
  • 朝刊14版 25面 アポロ11号 月面着陸50年
ひと言ポイント

 アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙船「アポロ11号」の飛行士が、人類として初めて月面に降り立ってから50年となります。アポロ計画が1972年に終了した後、現在に至るまで有人月探査はおこなわれていませんが、世界各国は再び月を目指そうと探査計画を進めています。月探査をめぐるこれまでの歴史と、今後の計画を記事から確認しましょう。

7月22日(月)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面など 与党勝利 改選過半数
  • 朝刊14版 1面、2面、3面など 与党勝利 改選過半数
ひと言ポイント

 第25回参議院議員通常選挙の投開票が21日におこなわれました。自民・公明の与党は堅調に議席を伸ばし、改選定数124の過半数である63議席を超えました。安倍晋三首相(自民党総裁)は政権への信任を得たとしてさまざまな課題に取り組むことになりますが、首相の悲願である憲法改正の国会発議に必要な定数の3分の2(164)以上を与党と憲法改正に前向きな勢力で維持することができませんでした。おもな政党の議席数を確認してみましょう。また、投票率(選挙区)は48.80%で、前回の54.70%から大きく下がりましたが、3年ごとの参院選と4年ごとの統一地方選が重なる12年に1度の「亥年選挙」は投票率が低下しやすいとされています。その理由を記事から読み取ってみましょう。【7/23(火)2面、3面にも関連記事あり】

7月23日(火)
  • 朝刊13版 1面、7面 天野之弥氏 死去
  • 朝刊14版 1面、7面 天野之弥氏 死去
ひと言ポイント

 国際原子力機関(IAEA)は、天野之弥事務局長が死去したことを発表しました。天野氏は2009年に日本人で初めてIAEAトップの事務局長に就任し、現在は3期目を務め、任期は2021年11月まででした。「核の番人」と言われるIAEAのトップを10年務めた天野氏の功績を記事で確認しましょう。

7月23日(火)
  • 朝刊13版 9面、38面 テレワークに商機
  • 朝刊14版 9面、38面 テレワークに商機
ひと言ポイント

 1年後の2020年東京オリンピック・パラリンピック期間中に予想される交通混雑の緩和を目的に東京都が提唱する「スムーズビズ」の社会実験が22日に始まりました。官公庁や延べ3000の企業・団体が参加しています。スムーズビズの3つの柱である「テレワーク」・「時差ビズ」・「交通需要マネジメント」とは何か、企業が「テレワーク」を商機ととらえているとはどういうことなのか、記事をもとに整理しておきましょう。

7月24日(水)
  • 朝刊13版 1面、3面、7面 英首相ジョンソン氏
  • 朝刊14版 1面、3面、7面 英首相ジョンソン氏
ひと言ポイント

 イギリスの与党・保守党は、党首選の決選投票でボリス・ジョンソン前外相が当選したと発表しました。メイ首相は24日に辞任し、同日中にジョンソン氏が新首相に就任する予定です。ジョンソン氏は欧州連合(EU)離脱をめぐる強硬派として知られますが、決選投票では約3分の2の票を得る圧勝でした。「合意なき離脱」も辞さない姿勢に、欧州連合(EU)には警戒感が広がっています。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ