ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

025 2019年8月2日号
(7月26日朝刊から8月1日朝刊まで)

7月29日(月)
  • 朝刊13版 1面、4面 参院バリアフリー急ぐ
  • 朝刊14版 1面、4面 参院バリアフリー急ぐ
ひと言ポイント

 参院選で「れいわ新選組」から重度の障害を持つ2人が初当選したことを受け、参院本会議場の改修工事が行われています。介助者が本会議場内に付き添い、採決で「押しボタン」を代わりに押すことや、起立採決では介助者の挙手で代用し首相指名選挙などでは代筆も認めます。しかし、まださまざまな検討課題がありそうです。記事からその課題について把握してください。

7月30日(火)
  • 朝刊13版 1面 月の南極 日印が調査
  • 朝刊14版 1面 月の南極 日印が調査
ひと言ポイント

 政府は2023年度にもインドと協力して、月の南極への無人着陸探査に挑む方針を決めました。月面の極域には、クレーター内部など太陽の光が届かず、凍った水が保たれている場所があるとされています。そこを掘削し、世界に先駆けて水の発見を目指します。日本がインドと月検査に乗り出すねらいは何か、記事から確認してみましょう。

7月31日(水)
  • 朝刊13版 2面 平成の30年 寿命5歳長く
  • 朝刊14版 2面 平成の30年 寿命5歳長く
ひと言ポイント

 厚生労働省は30日、2018年(平成30年)の日本人の平均寿命が女性87.32歳、男性81.25歳となり、ともに過去最高を更新したと発表しました。前年と比べると、女性は0.05歳、男性は0.16歳延び、平成30年間をみると、男女ともに5歳ほど寿命が延びたこととなります。海外の最新統計をもとに、国・地域別でみると、女性は2位、男性は3位で、前年と同じ順位でした。

7月31日(水)
  • 朝刊13版 4面 女性就業者 初の3000万人台
  • 朝刊14版 4面 女性就業者 初の3000万人台
ひと言ポイント

 総務省が30日に発表した労働力調査によると、女性の就業者数が3003万人となり、比較可能な1953年以降で初めて3000万人を超え、過去最多を更新しました。男女合わせた就業者は6747万人で女性の就業者が全体の44.5%を占めることになります。ただし、女性の雇用者全体の55%はパートなど非正規雇用となっていて、男性の非正規の割合23%と比べると2倍以上の差があります。女性の就業者が増えている理由、非正規雇用が多くなっている理由を考えてみましょう。

7月31日(水)
  • 朝刊13版 32面 縄文遺跡群の推薦決定
  • 朝刊14版 32面 縄文遺跡群の推薦決定
ひと言ポイント

 文化庁は、2021年の国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録を目指す国内候補を「北海道・北東北の縄文遺産群」(北海道、青森、岩手、秋田県)に決定しました。「縄文遺産群」は「三内丸山遺跡」(青森県)や「大湯環状列石」(秋田県)など17の集落跡や貝塚、環状列石などで構成されます。この遺産群を世界遺産候補に推薦する理由を記事から確認してみましょう。ちなみに、2020年の世界自然遺産登録を目指す候補としては「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)が推薦されています。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ