ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

041 2019年11月29日号
(11月22日朝刊から11月28日朝刊まで)

11月22日(金)
  • 朝刊13版 1面、33面 ヒアリ 中国発7割
  • 朝刊14版 1面、33面 ヒアリ 中国発7割
ひと言ポイント

 南米原産で強い毒を持つヒアリについて、国内でこれまで確認された総数の7割は、中国を出港地とする船のコンテナから見つかっていたことがわかりました。環境省によると、2017年5月に兵庫県の港で初めて見つかって以降、東京や大阪など14都道府県で確認、国内の総数は約1万2000匹にのぼり、そのうち中国発が約8000匹を占めていました。中国発が多いのはなぜか、ヒアリの定着を防ぐためにどのような対策がとられているか、記事で確認しましょう。

11月25日(月)
  • 朝刊13版 1面、2面、7面など ローマ教皇 核廃絶訴え
  • 朝刊14版 1面、2面、7面など ローマ教皇 核廃絶訴え
ひと言ポイント

 来日中のローマ教皇フランシスコが、被爆地長崎と広島を訪問しました。長年取り組んでいる核兵器廃絶を世界に向けて訴え、核の抑止力の考え方を批判するとともに、多国間主義にもとづく軍縮の必要性を強調しました。7面の長崎と広島での演説内容をじっくり読んでみましょう。しかしながら、ローマ教皇の思いとは裏腹に、核軍縮が進んでいるとはいえません。【11/23(土)6面にも関連記事あり】

11月26日(火)
  • 朝刊13版 1面、3面、6面 香港民主派 議席8割超
  • 朝刊14版 1面、3面、6面 香港民主派 議席8割超
ひと言ポイント

 香港で24日におこなわれた区議会(地方議会に相当)は、香港と中国両政府への抗議運動の支持を訴えた民主派が、直接選挙による議席数の8割超を獲得して圧勝しました。民主派が区議選で過半数を制するのは1997年の中国返還以来初めてで、民主派は抗議運動に対する住民の支持が示されたとしていますが、香港、中国両政府が譲歩する見込みはうすく、混乱収束の道筋は見えていません。引き続き今後の動向に注視しましょう。

11月27日(水)
  • 朝刊13版 31面 温室効果ガス 過去最大
  • 朝刊14版 31面 温室効果ガス 過去最大
ひと言ポイント

 国連環境計画(UNEP、本部・ナイロビ)は、2018年の世界の温室効果ガス排出量が二酸化炭素(CO2)に換算して過去最大の553億トンにのぼったとの報告書を公表しました。排出量は過去10年、毎年平均1.5%ずつ増えており、来年から2030年まで毎年7.6%ずつ温室効果ガスの排出量を減らさないと、「パリ協定」の目標を達成できないと警告しています。温室効果ガス削減に向けて何ができるか、改めてご家庭で話しあってみましょう。

11月28日(木)
  • 朝刊13版 3面 製造業 国内回帰の道
  • 朝刊14版 3面 製造業 国内回帰の道
ひと言ポイント

 日本企業が国内の生産拠点を相次いで新設しています。日本の製造業は国内の人件費の上昇や急速な円高の進行などを受け、1990年代以降、生産拠点の海外移転を積極的に進めてきました。新興国に比べて賃金水準の高い日本での生産はコスト増につながりますが、国内工場新設の背景や、海外生産のリスクなどを記事で確認しましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ