ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

044 2019年12月20日号
(12月13日朝刊から12月19日朝刊まで)

12月13日(金)
  • 朝刊13版 1面 「令」の1字 うるわしく
  • 朝刊14版 1面 「令」の1字 うるわしく
ひと言ポイント

 2019年の世相を表す「今年の漢字」に「令」が選ばれました。公益財団法人「日本漢字能力検定協会」が毎年公募し、応募総数21万6325票のうち、「令」は最多の3万427票を獲得しました。新元号が「令和」になったことに加え、相次ぐ災害で避難勧告・指示が発令されたことなどが主な理由とのことです。皆さんの今年一年を漢字で表すと何になるでしょうか。

12月13日(金)
  • 朝刊13版 1面 国税収3年ぶり減
  • 朝刊14版 1面 国税収3年ぶり減
ひと言ポイント

 政府は、2019年度の一般会計の税収見通しを、60兆1800億円程度に下方修正する方針を固めました。法人税収の伸び悩みを受け、当初想定した62兆4950億円から2兆3150億円引き下げます。2018年度を下回り、3年ぶりの税収減となります。法人税収が減少した要因を、法人税とはどのような税金かをふまえたうえで、記事から確認してみましょう。

12月13日(金)
  • 朝刊13版 34面 ヘイト行為で罰金
  • 朝刊14版 34面 ヘイト行為で罰金
ひと言ポイント

 民族差別を助長するヘイトスピーチ(憎悪表現)を禁じ、違反者への刑事罰を盛り込んだ川崎市の人権条例が市議会本会議で可決し、成立しました。3回の違反行為で最高50万円の罰金が科されることになり、川崎市によると、罰則付きは全国初とのことです。この条例で禁止される行為はどのようなものか、課題や注意すべき点は何か、記事から確認してください。

12月14日(土)
  • 朝刊13版 1面・2面・3面・6面・7面 英保守党、総選挙圧勝
  • 朝刊14版 1面・2面・3面・6面・7面 英保守党、総選挙圧勝
ひと言ポイント

 12日投開票のイギリス下院(定数650)総選挙は、ジョンソン首相率いる与党・保守党が第1党を維持し、単独過半数(326)を大きく超える365議席を獲得しました。保守党が単独過半数を獲得したことで、イギリスがEUと結んだ離脱協定案や関連法案の下院通過が容易になり、離脱の実現に大きく近づいたといえます。保守党はマニフェスト(選挙公約)でEU離脱を来年1月末と掲げていましたが、保守党が勝利した要因を記事から読み取ってみましょう。

12月14日(土)
  • 朝刊13版 37面 高輪ゲートウェイ 3月14日開業
  • 朝刊14版 37面 高輪ゲートウェイ 3月14日開業
ひと言ポイント

 JR各社が来春のダイヤ改正を発表しました。JR東日本の山手線と京浜東北線の新駅「高輪ゲートウェイ」(東京都港区)は来年3月14日に開業します。山手線では1971年の西日暮里以来の新駅開業となります。来年3月14日は土曜日ですが、鉄道会社のダイヤ改正はなぜ土曜日におこなわれることが多いのか、まわりの人と話し合ってみましょう。

12月16日(月)
  • 朝刊13版 1面・2面・4面 温暖化対策強化を採択
  • 朝刊14版 1面・2面・4面 温暖化対策強化を採択
ひと言ポイント

 マドリードで2日に始まった国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)は、温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」で各国に温暖化対策の強化を求める文書を採択し、閉幕しました。先進国などが他国に削減支援をした場合のルールは合意に至らず、2020年のCOP26に先送りされました。今会議における各国の思惑に注目しながら記事を読んでみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ