ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

005 2020年3月13日号
(3月6日朝刊から3月12日朝刊まで)

3月6日(金)
  • 朝刊13版 2面 部品供給網「国内へ回帰」
  • 朝刊14版 2面 部品供給網「国内へ回帰」
ひと言ポイント

 政府は、サプライチェーン(部品供給網)の中国依存度を引き下げるため、企業への支援策を検討しています。具体的には生産拠点を国内に戻したり、中国以外の第三国に移したりすることを促す補助金や税制上の優遇措置を検討中とのことです。なぜ中国依存度を下げる必要があるのでしょう。2017年の部品輸入に占める中国からの割合が21.1%に上ることを踏まえて考えてみてください。

3月6日(金)
  • 朝刊13版 8面 デクエヤル元国連事務総長死去
  • 朝刊14版 8面 デクエヤル元国連事務総長死去
ひと言ポイント

 中南米出身として初の国連事務総長を2期10年務めたペルー出身のペレス・デクエヤル氏が4日、首都リマの自宅で、100歳で亡くなりました。様々な紛争の解決に活躍したほか、人権侵害や貧困などの問題解決にも情熱を注ぎ、南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)を撤廃に導いたネルソン=マンデラ氏を支えました。デクエヤル氏の在職中に起こった紛争を歴史資料集で調べてみたり、実績を記事から確認したりしてみるとよいでしょう。

3月7日(土)
  • 朝刊13版 6面 高級食材値下がり
  • 朝刊14版 6面 高級食材値下がり
ひと言ポイント

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、訪日外国人の激減や宴会の自粛などで外食需要が落ち込んでいるため、和牛やクロマグロなど高級食材の価格が下落しています。その一方で冷凍食品や袋麺、レトルトといった即席商品の需要は伸びています。その理由を、記事を参考に考えてみましょう。

3月8日(日)
  • 朝刊13版 7面 NPT 遠い核軍縮
  • 朝刊14版 7面 NPT 遠い核軍縮
ひと言ポイント

 核軍縮の基盤として機能してきた核拡散防止条約(NPT)は5日、発効から50年を迎えました。「核なき世界」を志した国際協調から半世紀を経て、アメリカとロシアの軍拡競争が再燃の兆しを見せているほか、核保有国と非保有国の対立も深刻化しており、NPT体制は岐路に立たされています。国連事務次長・軍縮担当上級代表の中満泉氏のインタビュー記事も参考にして、核軍縮を進めていくにはどうすべきか、難しい問題になりますが、ご家庭で話し合ってみましょう。

3月12日(木)
  • 朝刊13版 1面・31面・34面・35面など あの日へ祈り重ね
  • 朝刊14版 1面・31面・34面・35面など あの日へ祈り重ね
ひと言ポイント

 東日本大震災は、11日で発生から9年の節目を迎えました。死者・行方不明者は、関連死を含めて2万2129人にのぼり、東京電力福島第一原発事故などにより、4万7737人がいまも避難を続けています。今年は、政府や各地の追悼式が中止や規模縮小を余儀なくされるなど、新型コロナウイルスの影響に揺れる鎮魂の一日となりました。被害にあわれた方々の9年間の思いに寄り添ってみましょう。【3/11(水)1面・9面・12面・13面・14面・31面にも関連記事あり】

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ