ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

008 2020年4月3日号
(3月27日朝刊から4月2日朝刊まで)

3月27日(金)
  • 朝刊13版 35面 「飛鳥美人」修理完了
  • 朝刊14版 35面 「飛鳥美人」修理完了
ひと言ポイント

 皆さんは、「飛鳥美人」と呼ばれる壁画を歴史資料集などで見たことがありますか。「飛鳥美人」などで知られる奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末~8世紀初)の極彩色壁画(国宝)について、文化庁は約12年にわたる修理作業が完了したことを発表しました。なぜ修理が必要だったのか、記事から確認しましょう。

3月28日(土)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面など 102兆円予算が成立
  • 朝刊14版 1面、2面、3面など 102兆円予算が成立
ひと言ポイント

 一般会計の総額が過去最大の102兆6580億円となる2020年度予算が成立しました。社会保障費と防衛費が伸び、2019年度当初予算に比べ1.2%増えました。少し難しいですが、どのようなものにどれくらいの予算が組まれているのか、またその背景は何か、記事から読み取ってください。

3月28日(土)
  • 朝刊13版 4面 「限界集落」2万か所超
  • 朝刊14版 4面 「限界集落」2万か所超
ひと言ポイント

 総務省の発表によると、65歳以上の高齢者が人口に占める割合が50%を超えた「限界集落」は、昨年4月時点で2万372か所に上ったとのことです。過疎地域にある6万3237集落のうち、限界集落が占める割合は32.2%で、2015年の前回調査から約1割増えました。10年以内に無人化する可能性があると回答した集落も454あるようです。今回の発表を受けて感じたことを、ご家庭で話し合ってみましょう。

3月31日(火)
  • 朝刊13版 1面、2面、34面など 東京五輪 来年7月23日
  • 朝刊14版 1面、2面、34面など 東京五輪 来年7月23日
ひと言ポイント

 新型コロナウィルスの感染拡大を受け、延期が決まっていた東京オリンピックの開催日程が2021年7月23日から8月8日、パラリンピックは8月24日から9月5日になりました。夏の酷暑を避けるために春の開催を求める声もありましたが、従来どおり夏の開催となりました。その背景を、記事を参考にさまざまな角度から考えてみましょう。

4月1日(水)
  • 朝刊13版 1面、9面など 4月 変わる暮らし
  • 朝刊14版 1面、9面など 4月 変わる暮らし
ひと言ポイント

 4月1日から新年度がスタートし、暮らしに関してさまざまな変化がみられます。ドラッグストア、スーパー、百貨店などの一部でレジ袋が有料化されるほか、東京都では自転車保険の加入が義務化されます。4月からどのようなものが変わるか、皆さんの生活にかかわり深いものを中心に、記事をもとに整理してみましょう。

4月1日(水)
  • 朝刊13版 27面 富士噴火 3時間で東京のむ
  • 朝刊14版 27面 富士噴火 3時間で東京のむ
ひと言ポイント

 富士山で大規模噴火が起きた際に火山灰が首都圏に与える影響を試算した報告書案が公表されました。約300年前に首都圏に大量の降灰をもたらした宝永噴火での噴出量や噴火継続時間を参考に試算され、最悪の場合、噴火3時間で東京都内の鉄道の大部分がマヒするとのことです。その他にどのような影響が想定されているか、記事で確認してみましょう。【4/2(木)11面にも関連記事あり】

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ