ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

010 2020年4月17日号
(4月10日朝刊から4月16日朝刊まで)

4月11日(土)
  • 朝刊13版 6面、7面 日頃の備えは…
  • 朝刊14版 6面、7面 日頃の備えは…
ひと言ポイント

 自然災害への備えについての特集記事です。「ハザードマップ」、「日常備蓄」、「回転備蓄」、「災害用伝言ダイヤル171」、「マイ・タイムライン」。ここに挙げたことがらの意味が分かりますか。記事で確認してみましょう。

4月11日(土)
  • 朝刊13版 8面 「無事帰国を」命の嘆願書
  • 朝刊14版 8面 「無事帰国を」命の嘆願書
ひと言ポイント

 みなさんはシベリア抑留を知っていますか。厚生労働省が2019年度にモンゴルやロシアから入手したシベリア抑留資料の一覧を公表しました。シベリア抑留とは、第2次世界大戦後、ソ連全域とモンゴルに日本兵ら計57万5000人が移送された強制抑留の総称です。忘れ去られていた民間人や受刑者の悲劇とはどのようなものか、記事から読み取ってください。

4月12日(日)
  • 朝刊13版 7面 コロナ 食料供給に影
  • 朝刊14版 7面 コロナ 食料供給に影
ひと言ポイント

 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、各国で食料の安定供給への懸念が出始めていることを伝えています。入国制限などにより、農業労働者が不足しかねないためで、国連食料農業機関(FAO)などは世界的な価格高騰の可能性を指摘しています。記事をもとに、食料生産・輸出をめぐる主な国の動きを確認しておきましょう。

4月15日(水)
  • 朝刊13版 2面 人口9年連続減
  • 朝刊14版 2面 人口9年連続減
ひと言ポイント

 総務省は、2019年10月1日時点の日本の総人口の推計(在日外国人を含む)を発表しました。前年比27万6000人減の1億2616万7000人で、9年連続の減少となりました。年齢別では、働き手の中心となる15~64歳の生産年齢人口の割合が59.5%で過去最低、15歳未満の年少人口も過去最少となり割合では12.1%となりました。一方、65歳以上の高齢者の割合は28.4%と過去最高を記録し、少子高齢化に拍車がかかっている状況です。都道府県別の人口の増減についても記事で確認しましょう。人口が増加しているのは 7都県しかありません。

4月16日(木)
  • 朝刊13版 11面 コレラ阻止 後藤新平の決断
  • 朝刊14版 11面 コレラ阻止 後藤新平の決断
ひと言ポイント

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、外国からの病原体の持ち込みを防ぐ「検疫」に注目が集まっています。日本で検疫が始まったのは1879年。国内でコレラが蔓延した反省から、明治政府が横須賀や長崎などに検疫所を設けました。記事では、日清戦争の帰還兵23万人の大規模検疫をわずか3か月でやり遂げた際の指揮をした後藤新平のことが掲載されています。後藤新平がどのような人物なのか確認してみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ