ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

012 2020年5月1日号
(4月24日朝刊から4月30日朝刊まで)

4月24日(金)
  • 朝刊13版 6面 バッタ大群 途上国むしばむ
  • 朝刊14版 6面 バッタ大群 途上国むしばむ
ひと言ポイント

 アフリカ東部や中東、南西アジアでバッタが大量発生し、農作物を食い荒らす被害が深刻になっていることを伝えています。多くの国で食糧危機を招き、経済に打撃を与えているものの、各国政府や国際機関による駆除や予防策は追いついていないようです。被害状況や、対策が追いつかない背景などを記事で確認しておきましょう。

4月25日(土)
  • 朝刊13版 8面 第2次大戦終結 露「9月3日」
  • 朝刊14版 8面 第2次大戦終結 露「9月3日」
ひと言ポイント

 ロシアにとっての第2次大戦終結日を、旧ソ連時代に「対日戦勝記念日」としていた9月3日に変更する法律がロシアで成立しました。ロシアでは、日本が1945年に降伏文書に調印した9月2日が大戦終結の日とされてきましたが、9月3日にすることで日本をけん制する意味合いがあるとみられます。それはどういうことか、考えてみましょう。

4月26日(日)
  • 朝刊13版 27面 ごみ出しに気遣い
  • 朝刊14版 27面 ごみ出しに気遣い
ひと言ポイント

 5月の大型連休に向けて「巣ごもり生活」の呼びかけが強まるなか、家庭ごみを収集する作業員らが感染リスクへの不安を深めていることを伝えています。作業員に感染が広がることでどのような影響があるか、家庭からごみを出す際はどのようなことに注意したらいいか、記事から読み取ってみましょう。

4月30日(木)
  • 朝刊13版 14面、15面 ちぎれた五輪 紡ぎ次代へ
  • 朝刊14版 14面、15面 ちぎれた五輪 紡ぎ次代へ
ひと言ポイント

 2020東京オリンピック・パラリンピックは今、年初には想像できなかった試練のなかにあります。しかし、これまでもオリンピックはさまざまな危機に直面してきました。過去のオリンピックを揺るがした出来事にはどのようなものがあるか、当時の新聞紙面で振り返ってみてください。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ