ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

019 2020年6月19日号
(6月12日朝刊から6月18日朝刊まで)

6月13日(土)
  • 朝刊13版 15面 再生可能エネルギー 自家消費 地方で拡大
  • 朝刊14版 15面 再生可能エネルギー 自家消費 地方で拡大
ひと言ポイント

 太陽光や風力などの再生可能エネルギーで、電力を自家消費する動きが地方や企業で広がりを見せています。背景には、電力の地産地消を目指す動きや、国際社会の再生可能エネルギー志向に遅れまいとする企業の戦略などがあります。欧米で再生可能エネルギーの比率が高いのはどこの国でしょう。主要国の電源構成について記事で確認してみましょう。

6月14日(日)
  • 朝刊13版 17面 東京湾にメタンガス層
  • 朝刊14版 17面 東京湾にメタンガス層
ひと言ポイント

 東京湾北部の千葉県浦安沖などで、海底から泡が吹き出しているところがあります。調査によると、海底下約2~25メートルにガス層があり、これを分析した結果、メタンガスだそうです。資源になる可能性がある反面、温室効果のあるメタンガスが、地震などで噴出する恐れもあるそうです。

6月16日(火)
  • 朝刊13版 2面 北の核弾頭「30~40発」
  • 朝刊14版 2面 北の核弾頭「30~40発」
ひと言ポイント

 世界の核軍備に関する報告書の内容について伝えています。今年1月時点の世界の保有弾頭数の推計は、前年より465発減って1万3400発となりました。核弾頭の保有国は9か国で、核弾頭の約9割はアメリカ・ロシアが占めています。皆さんはこの保有弾頭数を見て、どう思いますか?

6月17日(水)
  • 朝刊13版 3面 外食 コロナで変容
  • 朝刊14版 3面 外食 コロナで変容
ひと言ポイント

 新型コロナウイルスの感染拡大を機に、外食業界がビジネスモデルの転換を迫られています。4~5月の緊急事態宣言の期間中に、持ち帰りや宅配といった「中食」への移行が進み、感染収束後もその動きが定着すると見ているようです。しかし、資金に余力がない個人経営や小規模店には、中食化への限界も見られます。

6月18日(木)
  • 朝刊13版 31面 テレワーク 一気に拡大
  • 朝刊14版 31面 テレワーク 一気に拡大
ひと言ポイント

 新型コロナウイルスの影響で、自宅などで勤務する「テレワーク」が急速に広がっています。東京都が4月、無作為に抽出した都内394社を調査したところ、約6割が実施しており、中小企業の導入が目立っているようです。しかし、テレワークには様々な課題もみられます。どのような課題があるか保護者の方と話してみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ