ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

020 2020年6月26日号
(6月19日朝刊から6月25日朝刊まで)

6月21日(日)
  • 朝刊13版 15面 10万円使い道「生活費」最多
  • 朝刊14版 15面 10万円使い道「生活費」最多
ひと言ポイント

 皆さんのご家庭では、特別定額給付金をどのように使う予定ですか。読売新聞のアンケートによると、「生活費の足しに」と答えた人が最多だったようです。次いで多いのは、「旅行や趣味」で、ただ楽しむだけではなく、消費することで誰かの役に立ちたいという声も多いそうです。「その他」と答えた人の中でも、応援のための消費が目立ったということです。

6月22日(月)
  • 朝刊13版 1面、26面 372年ぶり 夏至の日食
  • 朝刊14版 1面、26面 372年ぶり 夏至の日食
ひと言ポイント

 夏至の21日夕、日本各地で太陽の一部が月に隠れる「部分日食」が起きました。日食や月食が起こる仕組みについてしっかりと説明できるようにしておきましょう。日本で次に「部分日食」が起こるのは2023年です。また、2030年に「金環日食」、2035年に「皆既日食」が起こります。

6月23日(火)
  • 朝刊13版 1面、25面 富岳 使いやすさ追求 スパコン世界一
  • 朝刊14版 1面、25面 富岳 使いやすさ追求 スパコン世界一
ひと言ポイント

 日本の理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピューター「富岳」が、8年半ぶりに計算速度の国際ランキングで世界一になったことが報じられています。計算速度は毎秒約41京回(京は1兆の1万倍)。現在は試運転中で新型コロナウィルスの治療薬候補の探索などに使われているようです。今後、気象や地球環境の予測など幅広い分野での活躍が期待されます。

6月24日(水)
  • 朝刊13版 1面、28面 あの名に触れて 沖縄戦75年「慰霊の日」
  • 朝刊14版 1面、28面 あの名に触れて 沖縄戦75年「慰霊の日」
ひと言ポイント

 太平洋戦争末期の沖縄戦の犠牲者を悼む「慰霊の日」の6月23日、沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」が営まれました。歴史資料集を使って沖縄戦の様子を確認し、戦争の記憶を風化させないための取り組みについて考えてみましょう。

6月25日(木)
  • 朝刊13版 27面 中学スマホ どう管理
  • 朝刊14版 27面 中学スマホ どう管理
ひと言ポイント

 中学生の携帯電話やスマートフォンについて、文部科学省が学校への持ち込みを容認する素案を示したことを報じています。メリット、デメリットを自分なりに考えてみてください。ちなみに、スマートフォン、携帯電話の学校への持ち込みについて、その問題点と対策を記述させる問題が実際の中学入試で出題されています。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ