ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

022 2020年7月10日号
(7月3日朝刊から7月9日朝刊まで)

7月3日(金)
  • 朝刊13版 2面 高速完全ETC化 検討
  • 朝刊14版 2面 高速完全ETC化 検討
ひと言ポイント

 国土交通省は2日、高速道路の料金所をすべてETC(自動料金収受システム)専用とし、現金を扱うブースを廃止する方向で検討することを明らかにしました。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、料金収受の従業員とドライバーとの接触をなくす必要があると判断しました。またETCには環境に関するメリットがあります。どのようなメリットがあるか考えてみましょう。

7月4日(土)
  • 朝刊13版 11面など 経済復興 CO2抑えて
  • 朝刊14版 11面など 経済復興 CO2抑えて
ひと言ポイント

 新型コロナウイルス感染症が収束してからの経済復興の際に気候変動対策を重視する「グリーン・リカバリー」が、欧州などを中心に広がっています。政府が経済支援の条件に気候変動対策の実施を求めるなど、二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えながら経済復興につなげる狙いです。各国で検討されている「グリーン・リカバリー」を記事から確認してみましょう。

7月6日(月)
  • 朝刊13版 1面・2面・4面・26面 小池都知事が大差で再選
  • 朝刊14版 1面・2面・4面・26面 小池都知事が大差で再選
ひと言ポイント

 東京都知事選が5日、投開票され、無所属で現職の小池百合子氏が再選を果たしました。今回の都知事選で、小池氏は、感染拡大を防ぐとして選挙期間中に街頭演説を一度もせず、ネット配信した動画で政策を訴える「オンライン選挙」に徹しました。小池氏は引き続き新型コロナウイルス対策や、来年に延期された東京五輪・パラリンピックへの対応を担うことになります。

7月9日(木)
  • 朝刊13版 1面・4面・9面・27面 「まだ雨続くのか」
  • 朝刊14版 1面・4面・9面・27面 「まだ雨続くのか」
ひと言ポイント

 日本列島に停滞する梅雨前線の影響で、九州などでは記録的な大雨に見舞われています。球磨川や筑後川、飛騨川などが氾濫し、冠水や土砂崩れなどが相次いでいます。この記録的な大雨は、積乱雲がほぼ同じ場所に次々と発生し、大量の降雨をもたらす「線状降水帯」が原因とみられています。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ