ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

036 2020年10月16日号
(10月9日朝刊から10月15日朝刊まで)

10月9日(金)
  • 朝刊13版 27面 民衆救った 薬の原点
  • 朝刊14版 27面 民衆救った 薬の原点
ひと言ポイント

 正倉院の宝物には、民衆のために実際に使われた薬や、毒性の強い成分が混ざった薬があります。正倉院の薬の多くは、756年に光明皇后が東大寺の大仏に献納したものです。科学的な調査で明らかになった薬の効能や成分、特徴などを記事で確認してみましょう。シルクロードの終着点とも例えられる「正倉院」、これまでとは違った視点でその宝物を見てみるのもよいでしょう。

10月10日(土)
  • 朝刊13版 1面、8面 平和賞に世界食糧計画
  • 朝刊14版 1面、8面 平和賞に世界食糧計画
ひと言ポイント

 ノルウェーのノーベル賞委員会は、2020年のノーベル平和賞を国連の世界食糧計画(WFP)に授与すると発表しました。WFPは貧困国などへの食料援助や開発支援を目的に設立された国連機関で、世界の紛争地域などで飢餓に苦しむ人々を支援し続け、平和と安定に貢献してきた活動が評価されました。過去にはどのような人物や組織が受賞しているでしょうか。8面の記事から確認してみましょう。

10月10日(土)
  • 朝刊13版 9面 「ゲーム条例」時代を先取り?
  • 朝刊14版 9面 「ゲーム条例」時代を先取り?
ひと言ポイント

 皆さんは今年4月に香川県で施行された「ゲーム条例」というのを聞いたことがありますか。この条例は子どもがゲームで遊ぶ時間を1日1時間とするものです。これはどのような目的で制定されたのでしょうか。そのほかにも、京都市の「清酒で乾杯条例」、青森県板柳町の「りんごまるかじり条例」など自治体が作る条例にはユニークなものが結構あります。このような条例の制度趣旨を調べてみるとおもしろいかもしれません。

10月13日(火)
  • 朝刊13版 1面、17面など 大阪都構想 2度目審判
  • 朝刊14版 1面、17面など 大阪都構想 2度目審判
ひと言ポイント

 大阪市を廃止して4特別区を新設する「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が、大阪市内の18歳以上の有権者約225万人を対象に、11月1日におこなわれます。同様の案件で2015年5月に1度住民投票がおこなわれているので、今回が2度目の住民投票ということになります。17面の記事から、大阪都構想の目的や、賛成・反対双方の主張を読み取ってみましょう。この住民投票は投票率にかかわらず、その結果に法的拘束力が生じます。

10月13日(火)
  • 朝刊13版 39面 「400年に1度の洪水」
  • 朝刊14版 39面 「400年に1度の洪水」
ひと言ポイント

 東日本各地で多数の浸水被害を出した昨年10月の台風19号にともなう洪水は、「約400年に1度」のまれな規模だったとする解析結果を、京都大学の研究チームがまとめました。19号では、東北、関東、甲信越地方を流れる6水系の国管理河川で堤防が決壊しました。なお、温室効果ガスの削減が進まない場合は、気温上昇で大気中の水蒸気量が増え雨が強まるため、さらに確率が上がるとのことです。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ