ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

039 2020年11月6日号
(10月30日朝刊から11月5日朝刊まで)

11月2日(月)
  • 朝刊13版 1面・2面・3面・26面 「都構想」反対多数
  • 朝刊14版 1面・2面・3面・27面 「都構想」反対多数
ひと言ポイント

 大阪市を廃止し、4特別区を新設する「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が1日、投開票され、僅差で反対が賛成を上回りました。大阪都構想は、大阪府・大阪市との二重行政解消を目的として提唱されましたが、2015年5月の前回住民投票に続いて都構想の制度案は廃案となり、大阪市の存続が決まりました。賛成派、反対派それぞれの立場にたった意見を言えるようにしてみましょう。

11月3日(火)
  • 朝刊13版 27面 有休取得 昨年最多の年10日
  • 朝刊14版 27面 有休取得 昨年最多の年10日
ひと言ポイント

 厚生労働省の調査によると、民間企業で働く人が昨年1年間に取得した年次有給休暇(有休)は平均10.1日で過去最高日数になりました。また、与えられた有休日数に対する取得率も全体で過去最高の56.3%に上りました。昨年4月から労働基準法に基づき年5日の有休取得が義務付けられた影響とみられます。なお、政府は有休取得率の目標を「2020年までに70%以上」としています。

11月4日(水)
  • 朝刊13版 17面 激増の飢餓 救援が使命
  • 朝刊14版 17面 激増の飢餓 救援が使命
ひと言ポイント

 世界の11人に1人が飢えに苦しみ、国際社会の支援を必要としています。国連機関の世界食糧計画(WFP)は長年、飢餓に苦しむ人々に寄り添い、その功績で今年のノーベル平和賞の受賞が決まりました。WFPの活動に関する今回のインタビュー記事をよく読み、私たちが日々の生活の中で何ができるか、ご家庭で話し合ってみてください。空腹への想像力が必要です。

11月5日(木)
  • 朝刊13版 1面・2面・3面・6面・7面・8面・29面など 米大統領選 大接戦
  • 朝刊14版 1面・2面・3面・6面・7面・8面・29面など 米大統領選 大接戦
ひと言ポイント

 アメリカ大統領選は3日全米各地で投開票がおこなわれ、再選を目指す共和党候補のドナルド・トランプ大統領と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領が大接戦を繰り広げています。大統領選挙はどのような制度になっているのか、どうなったら当選するのか、決着までに時間がかかりそうであることも伝えられていますが、それはなぜなのか、記事から確認してください。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ