ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

040 2020年11月13日号
(11月6日朝刊から11月12日朝刊まで)

11月7日(土)
  • 朝刊13版 2面 株 29年ぶり高値
  • 朝刊14版 2面 株 29年ぶり高値
ひと言ポイント

 6日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値が2万4325円23銭となり、1991年11月13日以来、29年ぶりの高値で取引を終えました。アメリカ大統領選の状況も株価に影響を与えているようです。さて、日経平均株価(終値)の史上最高値は3万8915円87銭、最安値は7054円98銭ですが、それぞれ何年に記録した値でしょうか。1989年、1999年、2009年から選んでみましょう。当時どのようなことが起こっていたのでしょうか。

11月10日(火)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面、7面、37面など バイデン氏勝利
  • 朝刊14版 1面、2面、3面、7面、37面など バイデン氏勝利
ひと言ポイント

 アメリカ大統領選は、民主党のジョー・バイデン前副大統領が共和党のドナルド・トランプ大統領の再選を阻み、勝利を確実にしたことを伝えています。バイデン氏は新型コロナウイルス対策チームを発足させるなど、政権移行の準備を本格化させていますが、トランプ氏は郵便投票の有効性を争う法廷闘争を続ける意向を示しています。バイデン氏の掲げる主な政策を、3面・7面の記事から確認してみましょう。7面の見出し「大きな政府へ転換」の意味がわかりますか。

11月11日(水)
  • 朝刊13版 31面 北陸新幹線延伸 延期へ
  • 朝刊14版 31面 北陸新幹線延伸 延期へ
ひと言ポイント

 北陸新幹線の金沢ー敦賀間の開業について、国土交通省は予定していた2023年春から延期する方向で調整に入ったことを伝えています。建設工事に想定より時間がかかり、開業は2024年以降にずれ込む見通しのようです。北陸新幹線は2015年に長野ー金沢間が開業しましたが、金沢ー敦賀間の開業が遅れることで、大阪まで2046年頃に延伸する計画にも、影響がおよぶ可能性があります。北陸新幹線以外で延伸計画のある新幹線についても調べてみましょう。

11月12日(木)
  • 朝刊13版 1面、31面 女川再稼働 地元合意
  • 朝刊14版 1面、31面 女川再稼働 地元合意
ひと言ポイント

 宮城県の東北電力女川原子力発電所2号機について、村井嘉浩知事が再稼働に同意すると表明しました。すでに県議会と、立地する女川町・石巻市の両市町の議会は容認しており、再稼働に必要な「地元同意」の手続きが完了したことになります。実際の再稼働は2022年度以降になるようですが、東日本大震災の被災地では初めてとなります。地元住民はどのようなことを期待しているのか、どのようなことが課題なのかを記事で確認しましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ