ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

014 2021年6月4日号
(5月28日(金)朝刊 ~ 6月3日(木)朝刊)

5月31日(月)
  • 朝刊13版 3面 介護人材不足 コロナが痛手
  • 朝刊14版 3面 介護人材不足 コロナが痛手
ひと言ポイント

 団塊の世代(1947~1949年生まれ)が75歳以上となる2025年には、介護の担い手が約34万人不足することが予想されていますが、コロナ禍で介護職員の離職が相次いでおり、事態はさらに深刻化することも考えられます。65歳以上の高齢者人口は2040年ごろにピークを迎えます。今後どのような対策が必要なのか、自分なりに考えてみましょう。

6月1日(火)
  • 朝刊13版 9面 中国「子ども3人まで」
  • 朝刊14版 9面 中国「子ども3人まで」
ひと言ポイント

 中国共産党が、夫婦1組につき子ども2人までとしている産児制限を3人に緩和する方針を示したことを伝えています。中国では、人口抑制策「一人っ子政策」を2015年末で廃止した後も少子高齢化に歯止めがかかっておらず、女性1人が生涯に産む子供の推計数を示す合計特殊出生率も1.3と伸び悩んでいます(日本は1.36です)。しかし、今回の制限緩和が低迷する出生率の上昇に結びつくかが見通せないところもあるようです。その理由を記事から確認してみましょう。

6月3日(木)
  • 朝刊13版 9面 英、TPP加盟へ協議開始
  • 朝刊14版 9面 英、TPP加盟へ協議開始
ひと言ポイント

 環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する日本やオーストラリアなど11か国は、加盟を申請したイギリスとの交渉入りを決めました。2018年12月の発効以降、新規の参加をめぐる初の交渉となり、関税の撤廃・削減の協議を経て最終決定には1年程度かかる見通しです。加盟が実現すれば、参加国の国内総生産(GDP)の合計は世界全体の13%から16%に拡大します。現在のTPP加盟11か国について確認しておきましょう。また、この時期にイギリスが交渉入りする背景に何があるか考えてみましょう。

6月3日(木)
  • 朝刊13版 29面 火砕流30年 2400本の祈り
  • 朝刊14版 29面 火砕流30年 2400本の祈り
ひと言ポイント

 43人の死者・行方不明者を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から、3日で30年となります。普賢岳は1990年11月、198年ぶりに噴火。翌1991年6月3日に大火砕流が発生しました。火砕流とはどのような現象なのでしょうか。
 また、1792年時の噴火では「島原大変肥後迷惑」という言葉で表されるような大きな被害が発生しています。この言葉はどのような意味なのでしょうか。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ