ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

020 2021年7月16日号
(7月9日(金)朝刊から7月15日(木)朝刊まで)

7月10日(土)
  • 朝刊13版 6面 南スーダン 内戦の傷
  • 朝刊14版 6面 南スーダン 内戦の傷
ひと言ポイント

 アフリカの南スーダンが、2011年にスーダンから分離独立して10年となりました。しかしその後も内戦が長引き、人口の3分の1以上にあたる390万人が国内外で避難生活を強いられています。アフリカでも有数の埋蔵量を誇る石油の開発を中心とした国造りが期待されていたにもかかわらず、現在、国民の多くが貧困にあえいでいる原因はどこにあるのでしょうか。日本も2017年まで国連平和維持活動(PKO)に自衛隊を派遣していました。

7月10日(土)
  • 朝刊13版 10面 ハイテクで涼 東京五輪の夏
  • 朝刊14版 10面 ハイテクで涼 東京五輪の夏
ひと言ポイント

 コロナ禍の厳戒態勢の中、57年ぶり2度目の東京オリンピックが開かれます。外出するだけでも危険を感じるレベルの酷暑となる東京の夏ですが、熱中症から選手や私たちの健康や安全を守る取り組みを確認してみましょう。国立競技場には風を活用する工夫があるようです。

7月13日(火)
  • 朝刊13版 11面 発電コスト「太陽光最安」
  • 朝刊14版 11面 発電コスト「太陽光最安」
ひと言ポイント

 経済産業省は、2030年時点の原子力や再生可能エネルギーなど電源別発電コストの試算を発表しました。これまでは原子力の発電コストが太陽光より安く見積もられていましたが、今回は逆転して太陽光が最も安くなりました。なぜ、原子力の発電コストが高く見積もられるようになったのか。また、太陽光の発電コストは近年なぜ下がっているのか、考えてみましょう。

7月15日(木)
  • 朝刊13版 2面・9面 EU、35年ガソリン車禁止
  • 朝刊14版 2面・9面 EU、35年ガソリン車禁止
ひと言ポイント

 欧州連合(EU)の執行機関・欧州委員会は、ハイブリッド車を含むガソリン車の新車販売を2035年から事実上禁止する方針を明らかにしました。2030年までに温室効果ガスの排出を1990年比で55%削減する新たな目標に向けて、自動車産業にビジネスモデルの転換を強く促します。このEUの動きにより、日本にどのような影響がでるのでしょうか。なお、脱炭素が遅れている国からの輸入品への課税拡充も盛り込まれるようです。

7月15日(木)
  • 朝刊13版 36面 2審も「被爆者」認定 「黒い雨」訴訟
  • 朝刊14版 36面 2審も「被爆者」認定 「黒い雨」訴訟
ひと言ポイント

 広島への原爆投下直後に降った「黒い雨」で健康被害を受けたとして、広島市などの住民らが市と広島県に被爆者健康手帳の交付を求めた訴訟の控訴審判決が、広島高裁でありました。裁判長は、原告全員を被爆者援護法上の被爆者と認めて手帳の交付を命じた1審・広島地裁判決を支持し、市と県側の控訴を棄却しました。少し難しいですが、記事を読み進めてみてください。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ