ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

036 2021年11月12日号
(11月5日(金)朝刊から11月11日(木)朝刊まで)

11月6日(土)
  • 朝刊13版 9面 農産物輸出 東南アで攻勢
  • 朝刊14版 9面 農産物輸出 東南アで攻勢
ひと言ポイント

 タイのバンコクのショッピングモールでは「べにはるか」「シルクスイート」といった品種の焼き芋が並んでいるそうです。そのほか日本からアジア圏への農産物や食品の輸出が好調であることを伝えています。コロナ禍で訪日旅行ができないことで人気の日本産食品の需要が高まったことや、オンライン商談会で海外に販路を広げやすくなったことなどが要因です。おもな輸出先を記事で確認してみましょう。

11月9日(火)
  • 朝刊13版 7面 「気候変動で食糧危機」警鐘
  • 朝刊14版 7面 「気候変動で食糧危機」警鐘
ひと言ポイント

 世界的な異常気象に見舞われた今年、穀物などの収穫量が落ち込み、食料価格が高騰しています。気温上昇がこのまま続けば、今世紀中にトウモロコシの平均収穫量が現状より24%減るとの予測もあり、世界食糧計画(WFP)などが警鐘を鳴らしています。

11月9日(火)
  • 朝刊13版 28面 小田急 子ども一律50円
  • 朝刊14版 28面 小田急 子ども一律50円
ひと言ポイント

 小田急電鉄は、現在は大人運賃の半額程度としている小学生の小児運賃を、2022年春からどの区間を乗っても一律50円にすると発表しました。利用には小児用のICカード乗車券「PASMO(パスモ)」が必要となりますが、小田急への愛着を子どもに持ってもらい、将来も沿線に住み続けるよう促すねらいがあるようです。

11月11日(木)
  • 朝刊13版 1面・4面・7面 第2次岸田内閣 発足
  • 朝刊14版 1面・4面・7面 第2次岸田内閣 発足
ひと言ポイント

 10日に召集された特別国会において、岸田文雄氏が第101代内閣総理大臣に指名され、自民、公明両党の連立による第2次岸田内閣が発足しました。今回の組閣では外務大臣がかわり、他の19人は再任しました。衆議院議員総選挙後の流れ、首相指名の手続き、国務大臣の数などを改めて整理しておきましょう。

11月11日(木)
  • 朝刊13版 18面 伝統学ぶ 年末年始
  • 朝刊14版 18面 伝統学ぶ 年末年始
ひと言ポイント

 皆さんは年末年始の文化の由来や意味について、どれくらい知っていますか。冬至のかぼちゃやゆず湯、年越しそばやおせち料理、福笑いにコマ回しなど、何気なくやってきたかもしれない行事や遊び、食事などにどのような意味があるか記事から確認してみましょう。年末年始は親子で伝統文化を学ぶ良い機会です。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ