ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

037 2021年11月19日号
(11月12日(金)朝刊から11月18日(木)朝刊まで)

11月12日(金)
  • 朝刊13版 3面 軽石漂着 本州も警戒
  • 朝刊14版 3面 軽石漂着 本州も警戒
ひと言ポイント

 小笠原諸島付近の海底火山「福徳岡ノ場」から噴出した軽石が沖縄県や鹿児島県の海岸に大量に漂着し、漁業や観光業などに影響が広がっています。今月下旬には本州への接近も予測されていますが、どのような影響が出ているのか記事で確認してください。

11月13日(土)
  • 朝刊13版 31面 国内最古 縄文の土面
  • 朝刊14版 31面 国内最古 縄文の土面
ひと言ポイント

 世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産で、青森県八戸市にある是川石器時代遺跡から、縄文時代中期前半(5300~5100年前)に作られたとみられる土面が見つかったことを伝える記事です。土面は顔を表現した土製品で、宗教的な儀式などに使われたとされます。これまで国内最古とされてきた、徳島市の矢野遺跡の土面よりも1000年古いようです。

11月14日(日)
  • 朝刊13版 3面 スマートシティー 整備へ追い風
  • 朝刊14版 3面 スマートシティー 整備へ追い風
ひと言ポイント

 先端技術を用いた街づくり「スマートシティー」が注目されています。スマートシティとは、情報技術(IT)を活用してエネルギーの効率化やサービスの充実を実現する都市モデルのことを言います。家や会社、自動車などの生活基盤を通信でつなぎ消費や移動の最適化をはかります。生活必需品のドローン配送や、遠隔診療、自動運転などを実現する街づくりが目指されています。

11月16日(火)
  • 朝刊13版 1面,2面,3面,6面,9面,39面 気温上昇「1.5度以下追求」
  • 朝刊14版 1面,2面,3面,6面,9面,39面 気温上昇「1.5度以下追求」
ひと言ポイント

 イギリスで開かれていた国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)は13日夜(日本時間14日午前)、成果文書「グラスゴー合意」を採択し、閉幕しました。世界の気温上昇幅(産業革命前比)を1.5度以下に抑える努力を追求すると明記したほか、石炭火力発電の段階的な削減に向けて努力することが初めて盛り込まれました。COP26での合意のポイントや合意内容をめぐる各国の発言などを読み取ってみましょう。

11月18日(木)
  • 朝刊13版 9面・32面 「悪い円安」に警戒感
  • 朝刊14版 9面・32面 「悪い円安」に警戒感
ひと言ポイント

 円安・ドル高が加速しています。17日の東京外国為替市場で1ドル=114円90銭をつけ、約4年8か月ぶりの水準となりました。円安は、日本の輸出企業にとって追い風となってきましたが、今回「悪い円安」と表現されているのはどういうことなのでしょうか。また、32面では、原油価格の世界的な高騰を伝えています。原油高が与える様々な影響についても記事で確認してみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ