ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

042 2021年12月24日号
(12月17日(金)朝刊から12月23日(木)朝刊まで)

12月17日(金)
  • 朝刊13版 7面 欧州「脱炭素インフレ」
  • 朝刊14版 7面 欧州「脱炭素インフレ」
ひと言ポイント

 脱炭素を目指す先進的な動きが、電気・ガス料金の高騰を招く皮肉な事態となっているようです。「グリーンフレーション」と呼ばれるこの状況の背景にあるのは、天然ガス価格の世界的な急上昇ですが、それ以外にも「CO2排出量取引」の増加も原因に挙げられています。「グリーンフレーション」とはどういうことか、「CO2排出量取引」とはどういう仕組みか、記事で確認しましょう。

12月19日(日)
  • 朝刊13版 31面 三陸「復興道」 全線開通
  • 朝刊14版 31面 三陸「復興道」 全線開通
ひと言ポイント

 東日本大震災の被災地で国が「復興道路」として整備を進めてきた自動車専用道路「三陸沿岸道路(三陸道)」が全線開通したことを伝えています。仙台市ー青森県八戸市(359キロ)の全区間がつながり、物流促進による被災地の活性化が期待されます。三陸道は津波浸水エリアを避けたり、高い場所を通ったりするよう設計され、災害時に緊急輸送路となるほか、道路上に避難するための階段も設置されています。

12月22日(水)
  • 朝刊13版 1面・28面 「外国人住民投票」否決 武蔵野市
  • 朝刊14版 1面・28面 「外国人住民投票」否決 武蔵野市
ひと言ポイント

 東京都武蔵野市において、市で実施される住民投票に外国人の参加も認める条例案について、市議会本会議で否決されたことを伝えています。この条例案は、市内に3か月以上住む18歳以上に、国籍を問わずに住民投票の投票権を認めるものでした。賛成・反対それぞれの主張を考えてみてください。

12月22日(水)
  • 朝刊13版 2面 米軍駐留経費 日米合意
  • 朝刊14版 2面 米軍駐留経費 日米合意
ひと言ポイント

 政府は、2022年~2026年度の在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)について、5年間の総額を1兆551億円とすることでアメリカ政府と合意しました。台頭する中国などを念頭に、抑止力強化に向けた費用などを手厚くしたのが特徴で、各年度の平均約2110億円は今年度を上回っています。日本側負担は1978年の在日米軍基地従業員の福利費の負担から始まり、「思いやり予算」の呼称が定着したのは当時の防衛庁長官の国会答弁がきっかけです。しかし政府は、この呼称を新たに「同盟強靭化予算」としています。

12月23日(木)
  • 朝刊13版 29面 大学進学率 過去最高54.9%
  • 朝刊14版 29面 大学進学率 過去最高54.9%
ひと言ポイント

 今春の大学進学率は54.9%で過去最高になりました。また、短大や専門学校なども含めた高等教育機関への進学率も83.8%と過去最高でした。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ