ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

015 2022年6月16日号
(6月9日(木)朝刊から6月15日(水)朝刊まで)

6月10日(金)
  • 朝刊13版 2面・9面 日本 非常任理事国へ
  • 朝刊14版 2面・9面 日本 非常任理事国へ
ひと言ポイント

 国連総会は9日、国連安全保障理事会のうち年末で任期が満了する非常任理事国5か国の改選を行い、立候補していた日本が新たに選出されました。2016~17年に続いて12回目の選出となり、国連加盟国で最多を更新します。現在、安全保障理事会はロシアのウクライナ侵攻や北朝鮮のミサイル発射などを巡って、機能しない状態に陥っています。そのような中で日本はどのような役割を果たせるでしょうか。

6月11日(土)
  • 朝刊13版 1面・30面 リュウグウ試料に水
  • 朝刊14版 1面・30面 リュウグウ試料に水
ひと言ポイント

 日本の探査機「はやぶさ2」が約3億キロメートル離れた小惑星リュウグウから地球に持ち帰った砂や石の鉱物に、大量の水が含まれ、46億年前の太陽系誕生のわずか500万年後にそれが存在していたとみられることがわかりました。地球の海の起源や、初期の太陽系の様子を知る手がかりになる成果となります。

6月11日(土)
  • 朝刊13版 8面 節電でポイント付与
  • 朝刊14版 8面 節電でポイント付与
ひと言ポイント

 電力会社が、電気の使用量を減らした家庭にポイントを付与するなど、節電を促す取り組みを進めています。火力発電所の停止などで今年の夏は電気が足りなくなる恐れがあり、大規模停電の回避を目指すねらいです。皆さんはこの夏どのような節電対策をおこなってポイントをゲットしますか。

6月14日(火)
  • 朝刊13版 1面 円安24年ぶり135円前半
  • 朝刊14版 1面 円安24年ぶり135円前半
ひと言ポイント

 外国為替市場で、円安に歯止めがかからない状況が続いています。13日には一時、約24年ぶりの円安水準となる1ドル=135円20銭まで下落しました。円安が進むとどのような影響があるのでしょうか。身近なところに目を向けて考えてみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ