ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

022 2023年8月3日号
(7月27日(木)朝刊から8月2日(水)朝刊まで)

7月29日(土)
  • 朝刊13版 1面・2面・4面・34面 最低賃金 平均1002円
  • 朝刊14版 1面・2面・4面・34面 最低賃金 平均1002円
ひと言ポイント

 今年度の最低賃金(時給)について、引き上げ額の目安を全国平均で41円と決められたことを伝えています。目安通りに改定されれば最低賃金の全国平均は初めて1000円台に達し、現在の961円から1002円となります。最低賃金は、企業が労働者に支払わなければならない下限額で、物価や賃金の上昇率などを参考に、都道府県ごとに毎年決められています。働く人たちからは歓迎の声が上がる一方、賃金格差の問題はなお残り、地方の経営者からは国に支援を求める意見も出ているようです。

7月31日(月)
  • 朝刊13版 4面 広がる「スポットワーカー」
  • 朝刊14版 4面 広がる「スポットワーカー」
ひと言ポイント

 空き時間に働く「スポットワーカー」と呼ばれる人たちが増えています。柔軟な働き方を目指す人は多く、企業の副業解禁も追い風となっています。コロナ禍後の経済活動再開にともなって、外食や小売業は人手不足が深刻で、重要な戦力として期待されているようですが、「スポットワーカー」が増えることの影響についても考えてみましょう。

7月31日(月)
  • 朝刊13版 4面 甘くない「グリーンバナナ」
  • 朝刊14版 4面 甘くない「グリーンバナナ」
ひと言ポイント

 収穫後、完熟させる前の緑色のバナナを「グリーンバナナ」として販売されることが記事になっています。栄養価は通常のバナナと変わらず、加熱するとジャガイモのような食感になるようです。このようなバナナが売り出される背景について考えてみましょう。

8月1日(火)
  • 朝刊13版 29面 男性育休 最多17%
  • 朝刊14版 29面 男性育休 最多17%
ひと言ポイント

 2022年度の男性の育児休業取得率は、前年度比3.16ポイント増の17.13%で、10年連続で上昇し過去最高を更新したことが、厚生労働省の調査でわかりました。男性が育休を取るという機運が高まっているとのことですが、政府は男性の育休取得率を2025年までに50%とする目標を掲げており、依然として大きな開きがあります。ちなみに、女性の育休取得率は80.2%となっています。
【7/30(日)17面にも関連記事あり】

8月2日(水)
  • 朝刊13版 1面・3面 ふるさと納税 最高9654億円
  • 朝刊14版 1面・3面 ふるさと納税 最高9654億円
ひと言ポイント

 ふるさと納税制度に基づく地方自治体への寄付総額が、前年度比1351億円増の9654億円となり、3年連続で過去最高を更新したことを伝えています。ふるさと納税は、自治体を自由に選んで寄付をすると、現在居住する自治体に納める住民税や、国に納める所得税が軽減される制度です。被災自治体への支援策としても浸透しつつある一方、どのような課題があるか記事で確認してみましょう。

8月2日(水)
  • 朝刊13版 7面 主食用米需要 最低681万トン
  • 朝刊14版 7面 主食用米需要 最低681万トン
ひと言ポイント

 農林水産省が、2023年産の主食用米の需要量(23年7月~24年6月)が過去最低の681万トンになるとの推計を発表しています。10年連続で前年を下回る見通しですが、需要量の減少に歯止めがかからない理由は何でしょうか。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

このページの先頭へ

このページの先頭へ