ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

043 2024年1月18日号
(1月11日(木)から1月17日(水)まで)

1月11日(木)
  • 朝刊13版 3面・1面・2面・11面
    ・15面・27面・30面
    津波被害 東岸に集中
  • 朝刊14版 3面・1面・2面・11面
    ・15面・27面・30面
    津波被害 東岸に集中
ひと言ポイント

 今回の能登半島地震では強い揺れの後に津波が押し寄せましたが、その被害は半島の東岸に集中しているとのことです。北岸と東岸の状況に差が生じた要因は地盤の隆起のようです。北岸の一部地域では地盤が最大4メートル隆起し、海岸線が海側に200メートル以上せり出したところもあって、その地形が天然の防波堤となり津波の遡上を防いだとみられています。

1月11日(木)
  • 朝刊13版 11面 食品 進む共同配送
  • 朝刊14版 11面 食品 進む共同配送
ひと言ポイント

 物流の効率化に関する記事です。「競争は商品で、物流は共同で」という考え方が定着してきたことを報じています。これはどのような取り組みか、記事で確認してみてください。ビールとカップ麺を1台のトラックに乗せて運ぶことも多くなっているようです。

1月12日(金)
  • 朝刊13版 2面・8面 中国車輸出 日本抜く
  • 朝刊14版 2面・8面 中国車輸出 日本抜く
ひと言ポイント

 中国が2023年、生産・販売に加えて輸出台数でも世界一になりました。生産・販売は初めて3000万台を超え、低価格のエンジン車や電気自動車を武器に存在感を高めています。日本が輸出台数で首位から転落するのはドイツが1位となった2016年以来です。日本が苦戦を強いられている理由を記事から確認してみましょう。

1月13日(土)
  • 朝刊13版 1面 地球 最も暑かった
  • 朝刊14版 1面 地球 最も暑かった
ひと言ポイント

 世界気象機関(WMO)は12日、2023年の世界平均気温が産業革命前と比較して1.45度上昇し、観測史上最も気温の高い年だったと発表しました。2015年に採択された温暖化対策の国際的枠組みであるパリ協定は、世界平均気温を産業革命前と比べて「1.5度以内」に抑えるとの目標を掲げています。
昨年、国連事務総長のグテレス氏が「地球温暖化の時代が終わり、地球沸騰化の時代が来た」と警鐘を鳴らしています。

1月14日(日)
  • 朝刊13版 1面・2面・3面・8面・9面 台湾総統に民進・頼氏
  • 朝刊14版 1面・2面・3面・8面・9面 台湾総統に民進・頼氏
ひと言ポイント

 台湾総統選は13日、投開票が行われ、与党・民進党の頼清徳副総統が初当選しました。有権者は頼氏が掲げる中台関係の「現状維持」を選びました。中台統一を掲げる中国が反発し、台湾海峡を挟み緊張が高まる可能性があります。民進党政権継続の各国への影響を記事から確認したうえで、今後の台湾をめぐる状況に注目してみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ