ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

044 2024年1月25日号
(1月18日(木)朝刊から1月24日(水)朝刊まで)

1月18日(金)
  • 朝刊13版 2面・9面 訪日客消費 初5兆円超
  • 朝刊14版 2面・9面 訪日客消費 初5兆円超
ひと言ポイント

 観光庁が2023年の訪日外国人の消費額(速報)を発表しました。コロナ禍前の2019年に比べて9.9%増の5兆2923億円となり、過去最高となりました。また、訪日外国人旅行者数(推計値)は2506万人あまりで、過去4番目の多さとなりました。「円安」、「コト消費」、「オーバーツーリズム」などの用語をキーワードに、記事を読み進めてみましょう。

1月18日(金)
  • 朝刊13版 3面 中国人口減 「強国」に影
  • 朝刊14版 3面 中国人口減 「強国」に影
ひと言ポイント

 中国国家統計局が、2023年末の中国本土(香港、マカオを除く)の総人口は14億967万人で、前年から208万人減少したと発表しました。1961年以来、61年ぶりに人口減に転じた前年から減少幅が拡大しました。発表によると、2023年の出生数が902万人、死亡数は1110万人となり、総人口に占める65歳以上の割合は前年から0.5ポイント増の15.4%となり、急速な少子高齢化が鮮明になりました。長年実施されてきた一人っ子政策は2015年末までに廃止されましたが、出生数の増加にはつながっていないようです。人口減がもたらす影響を記事から確認してみましょう。

1月21日(日)
  • 朝刊13版 1面・2面・3面 日本の探査機 月初着陸
  • 朝刊14版 1面・2面・3面 日本の探査機 月初着陸
ひと言ポイント

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の月探査機「SLIM」が20日、日本の無人探査機として初めて月面着陸に成功しました。世界でも旧ソ連、アメリカ、中国、インドに次ぐ5か国目の快挙です。月面探査はいかにねらった場所に正確に着陸できるかが成功の鍵を握るようで、SLIMは今回、世界で最も精密な誤差100メートル以内の「ピンポイント着陸」の実証に挑戦しました。担当者は「飛行機の数倍の速度で新千歳空港を通過後、急速に減速して甲子園球場に着陸させる難しさ」と例えています。成否は約1か月後に明らかになる見通しです。

1月21日(日)
  • 朝刊13版 26面 時代映す学校給食
  • 朝刊14版 26面 時代映す学校給食
ひと言ポイント

 学校給食の歴史を振り返る企画展に関する記事です。学校給食法が1954年に公布・施行され、今年で70年となります。学校給食の役割がどのように変化していったのか、記事から読み取ってください。

1月23日(火)
  • 朝刊13版 17面 ペット「同行避難」の備え
  • 朝刊14版 17面 ペット「同行避難」の備え
ひと言ポイント

 皆さんのご家庭ではペットを飼っていますか。災害では人とともにペットも困難に直面します。この記事で避難所のペットと過ごす際の注意点や、飼い主に求められる備えについて確認しておくとよいでしょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ