ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

019 2024年7月4日号
(6月27日(木)朝刊から7月3日(水)朝刊まで)

6月28日(金)
  • 朝刊13版 20面・1面 オリジネーター・プロファイル(OP)憲章制定
  • 朝刊14版 20面・1面 オリジネーター・プロファイル(OP)憲章制定
ひと言ポイント

 オリジネーター・プロファイル(OP)とは、インターネット上の記事や広告に発信者情報を付与することで、利用者が情報の発信者を確認できるようにする技術です。報道機関などでつくるOP技術研究組合が2025年の実用化を目指しています。このような技術開発を進めている理由を考えてみてください。

6月29日(土)
  • 朝刊13版 10面 【解説】祇園祭 伝統と観光の間で
  • 朝刊14版 10面 【解説】祇園祭 伝統と観光の間で
ひと言ポイント

 日本三大祭の一つ、京都・祇園祭の山鉾巡行で設けられる「プレミアム観覧席」で、酒類や料理の提供が急きょ取りやめになりました。それはどうしてでしょうか。インバウンド(訪日外国人客)の急増を背景とした観光的な側面とは別の側面を重視しないといけないとの判断のようです。それはどういうことでしょうか。

6月30日(日)
  • 朝刊13版 4面 【紙幣新時代】通貨守る工夫 今も昔も
  • 朝刊14版 4面 【紙幣新時代】通貨守る工夫 今も昔も
ひと言ポイント

 1万円札の製造にかかる費用は1枚あたり約20円にすぎませんが、「1万円の価値がある紙」として当たり前に流通しています。これは通貨を発行している国家への信用を背景として、「1万円札として通用する」という社会全体の合意で成り立っています。古くは石の通貨や和同開珎、最近ではビットコインなどの暗号資産など、それぞれが流通する時代の信用がどのように生まれていたのか、通貨の歴史を改めて確認してみましょう。

6月30日(日)
  • 朝刊13版 26面 自衛隊70年の歩みと国内外の出来事
  • 朝刊14版 26面 自衛隊70年の歩みと国内外の出来事
ひと言ポイント

 自衛隊は1954年7月1日の創設以来、日本の防衛を主要な任務として、国際平和協力活動や災害派遣など様々な役割を担ってきました。しかし、日本国憲法第9条では「戦力は保持しない」と定めており、自衛隊のあり方についてはいまだに議論が続いています。自衛隊が担ってきた役割について、記事を参考に確認しておきましょう。

7月1日(月)
  • 朝刊13版 14面・15面・16面・17面
    ・18面・1面・27面
    【能登地震6か月】
    復旧・復興「熊本」に遅れ
  • 朝刊14版 14面・15面・16面・17面
    ・18面・1面・27面
    【能登地震6か月】
    復旧・復興「熊本」に遅れ
ひと言ポイント

 能登半島地震の発生から1日で半年となりました。石川県内の死者数は6月27日現在、直接死と災害関連死を合わせて281人となり、2016年の熊本地震(276人)を超えました。電気や水道などのライフラインはほぼ復旧しましたが、倒壊した建物があちこちに残り、約2300人が避難所生活を余儀なくされており、熊本地震と比べると復興の遅れが目立っています。その原因について、地形・給水管をキーワードとして調べてみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

このページの先頭へ

このページの先頭へ