ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

SAPIXが考える中学入試の時事問題対策

編集長 サピックス小学部社会科
岡本茂雄

時事問題学習の重要性について

この社会で起きていることを、子どもたちにも

「社会」という言葉の意味を知っていますか。「社会」とは、人々の集まりを示す言葉であり、人々の相互関係のことをも指します。みなさんの家族も小さな社会ですし、学校も町も、そして世界も一つの大きな社会なのです。私たちはこうした「社会」の中で暮らしています。つまり、社会科を学ぶということは、私たちがどのようなところで暮らしをしているのか、どのような関わりを持って暮らしているのか、どうしてそうなったのか、それらを考えることなのです。
 中学入試問題を分析していると、ある傾向に気がつきます。それは「子どもたちにも、この社会でどのようなことが起こっているのかを、自分自身の頭で考えてほしい」という、学校側の強いメッセージがこめられているということです。そのことを反映するかのように、近年「時事問題」に関する出題は定番になっています。時事問題こそ、現実のさまざまな問題に興味・関心を持って、自分自身の頭で考えているかどうかをはかる、本当の社会科の学力を問う格好の題材といえるでしょう。時事問題と聞くと、とても取り組みにくいもののように思えるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

毎日読む新聞から、ニュースを見る目を養う

■今週のチェック記事

「じじもんスクラム」では、毎日読まれている新聞の中から重要であると考えられる記事をピックアップしています。そして、内容を理解する上で注目してほしいポイントも紹介していますので、今起きている出来事について、考える手がかりを持ちながら理解を進められるようになっています。
 まずは、「ひと言ポイント」に注意しながら記事を読んでみてください。難しい内容が含まれているものもあると思います。少しでも疑問点が出てきたら、それについてご家族と話し合ってみましょう。ていねいな読解と多くの会話・討論の経験をしていくうちに、少しずつ社会のしくみや変化が理解できるようになってくるでしょう。

■復習問題

今週のチェック記事や、それに関連する内容についての「復習問題」を作成しますので、サイトで紹介された内容をどれだけ理解しているかを確認してください。この問題に取り組むことで、中学入試で求められる学力がより確かなものとなりますし、社会科の学習をサポートするという点においても効果的です。

分析・傾向

2021年度の中学入試においては

多くの学校において、社会で起きた出来事を題材とした出題がなされ、普段から時事問題の対策をしていたかどうかが得点の差につながったものと予想されます。

新型コロナウイルスの感染拡大と、それにともなう様々な政治・社会の変化のほか、菅義偉内閣の発足、豪雨や水害など、国内で大きな注目を集めたニュースについて問われていました。国際社会からも、アメリカ大統領選挙、イギリスのEU(欧州連合)離脱、持続可能な開発目標(SDGs)など、世界をとりまくさまざまな話題が出題されていました。

こうした時事問題に対応していくためには、知識を単に覚えるだけの学習ではなく、社会で起きている出来事に積極的に向き合うこと、そして、自分の言葉で説明できるようにし、物事を主体的に考えられるようにすることが大切です。

ニュースで扱われた内容を、社会科の学習として認識し、普段から自分の言葉で説明したり、家族や友達と話し合ったりすることを心がけましょう。

なかでも、とくに現在の日本が向き合わなくてはならない財政や社会保障の問題、産業政策やエネルギー政策といった、多面的な視点をもとに解決していくことが求められる、この時代ならではの問題については、自分の言葉で説明したり、自分なりの考えを持ったりすることを意識したいです。

時事問題からは、これからの時代を生きていく子どもたちへの「社会を今一度しっかり見つめ直してみよう」「社会を変えていくのはあなたたちだ」という学校側のメッセージを受け取ることができるのです。

身のまわりの事柄への関心...

2021年度入試 出題事例 [1]

浅野中学校 社会 2021年2月3日実施

問14 近年、コンビニエンスストア(以下コンビニ)の店舗てんぽ数は増加しており、いろいろなコンビニチェーンが競い合っています。しかし、コンビニの立地を見ると[図7]の地図中に示されるとおり、同じコンビニチェーンが既存きそんの店舗のすぐ近くに出店しているケースもしばしば見られます。このような出店を行う理由として適切でないものを、次のア~エの中から1つ選び、記号で答えなさい。

出題事例 [1]図

ア 大きな道路に面した出店であることから車での来店者も多いので、入店しやすいように両方の車線沿いの出店を行っているから。

イ コンビニの集客圏はとてもせまいので、店舗同士が近接していても客のうばい合いが生じることはないから。

ウ コンビニは店舗面積が狭く在庫を抱えることができないので、一日に何度も商品を配送する必要があり輸送の効率性を高める必要があるから。

エ 集中して出店することで知名度が上がり他のコンビニチェーンが出展しにくくなるので、その地域からの売上を独占どくせんできるから。

(以上、[1] 問14より抜粋)

解説

 コンビニエンスストアの立地を示した地図を題材に、同じコンビニチェーンが既存の店舗のすぐ近くに出店する理由を問う出題です。コンビニという、身のまわりのものに対する関心の高さが問われたといえます。
 じじもん復習問題007号では、コンビニエンスストア業界などで、配送の効率化や競合店の出店抑制などをはかるために、特定地域内の狭い範囲に同一企業が集中して出店する戦略の名前(=ドミナント戦略)を答えてもらいました。身近といえる物事にも、一歩とどまって背景や影響を考えてみることを意識してみましょう。

多面的な視点...

2021年度入試 出題事例 [2]

國學院久我山中学校 社会 2021年2月5日実施

問10 下線部⑨について、現在、ホームドアの設置が推進されていますが、さまざまな理由から設置が難しいのが現状です。JR高槻駅の1番のりばのホームでは、本文中の写真のようなホームドアではなく、資料3のような昇降しょうこう式ホームさくが設置されています。このような駅のホームでホームドアの設置が難しい理由を、資料4・資料5・資料6を参考に文章で説明しなさい。

出題事例 [2]図

(以上、[1] 問10より抜粋)

解説

 JR高槻駅の1番のりばホームにおいて、昇降式ホーム柵を写したいくつかの写真をもとに、ホームドアの設置が難しい理由を説明させる出題です。ホームドアは乗客の生命を守るために必要とされるにもかかわらず、なぜ設置が困難なのか、示された資料から推察する必要がありました。
 今週のチェック記事(2020年11月27日号)では、国土交通省が公共交通機関などのバリアフリー化について整備目標を公表したことを紹介しました。必要とされる制度や設備の整備がなぜ進まないのかなど、物事をいろいろな角度から考えてみるとよいでしょう。

自分ならどう考えるか...

2021年度入試 出題事例 [3]

学習院女子中学校 社会 2021年2月3日実施

[4] 4月後半 新型コロナウイルス感染の広まりから③日本の学校が9月入学へ移行することを政府が検討しましたが、世論の中には慎重しんちょう論も多く、政府としても今回の導入は難しいという結論になりました。

問5 下線部③について、9月入学に対して賛成か反対かを示した上で、その理由がよくわかるようにあなたの意見を書きなさい。

(以上、[4] 問5より抜粋)

解説

 日本の学校の9月入学に対して、賛成か反対かの立場を示した上で、その理由を説明させる出題です。話題になっている事柄に関して、自分なりに考え、意見を持てているか、受験生としての姿勢が試されたといえます。
 今週のチェック記事(2020年5月15日号)では、秋から新学年が始まる「9月入学・始業」の導入案浮上にともない、さまざまな課題について考えてもらいました。中学入試では、このように自分なりの意見を求められることも多いので、物事を論理的に考える習慣をこころがけ、説得力をつけていきましょう。

想像することの重要性...

2021年度入試 出題事例 [4]

江戸川学園取手中学校 社会 2021年1月17日実施

問1

(2) プライバシーの権利を巡って、犯罪の被害にった人々やその家族などの暮らしを守るために、犯罪被害者等を実名で報道することは避けるべきであるとの意見が存在する。その一方で、犯罪被害者等を積極的に実名報道するべきであるとの意見が、マスメディアを中心に示されている。犯罪被害者等を実名報道する意義としては、どのようなものが考えられるか。社会に与える影響という観点から、その意義について複数挙げて説明しなさい。

(以上、[4] 問1より抜粋)

解説

 インターネットの功罪や「忘れられる権利」に関するリード文を題材に、犯罪被害者等を積極的に実名報道することの意義を、社会に与える影響という観点から複数挙げて説明させる出題です。犯罪被害者のように、今の自分自身にとって身近とはいえない状況を想像して考察する経験が、先の見えない現代を生き抜く力の育成につながっていくのではないでしょうか。

2022年度は...

2022年度の中学入試においても、社会で起きた出来事に対する深い理解を求めるような出題傾向は変わらないと考えられます。国内の政治・経済などのほか、日本と世界の国々との関わりにも注意が必要です。この「じじもんスクラム」を活用し、時事問題そのものだけでなく、その出来事と関わりの深い事柄についても確認しながら学習を進めてください。そして、社会で起きた出来事を特定の視点からだけでなく、複眼的に考え、いろいろと調べながら、自分なりの意見というものを構築していきましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ


ページの先頭へ