ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

SAPIXが考える中学入試の時事問題対策

編集長 サピックス小学部社会科
岡本茂雄

時事問題学習の重要性について

この社会で起きていることを、子どもたちにも

「社会」という言葉の意味を知っていますか。「社会」とは、人々の集まりを示す言葉であり、人々の相互関係のことをも指します。みなさんの家族も小さな社会ですし、学校も町も、そして世界も一つの大きな社会なのです。私たちはこうした「社会」の中で暮らしています。つまり、社会科を学ぶということは、私たちがどのようなところで暮らしをしているのか、どのような関わりを持って暮らしているのか、どうしてそうなったのか、それらを考えることなのです。
 中学入試問題を分析していると、ある傾向に気がつきます。それは「子どもたちにも、この社会でどのようなことが起こっているのかを、自分自身の頭で考えてほしい」という、学校側の強いメッセージがこめられているということです。そのことを反映するかのように、近年「時事問題」に関する出題が多くなってきました。時事問題こそ、現実のさまざまな問題に興味・関心を持って、自分自身の頭で考えているかどうかをはかる、本当の社会科の学力を問う格好の題材といえるでしょう。時事問題と聞くと、とても取り組みにくいもののように思えるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

毎日読む新聞から、ニュースを見る目を養う

■今週のチェック記事

「じじもんスクラム」では、毎日読まれている新聞の中から重要であると考えられる記事をピックアップしています。そして、内容を理解する上で注目してほしいポイントも紹介していますので、今起きている出来事について、考える手がかりを持ちながら正しく理解できるようになっています。
 まずは、「ひと言ポイント」に注意しながら記事を読んでみてください。難しい内容が含まれているものもあると思います。少しでも疑問点が出てきたら、それについてご家族と話し合ってみましょう。ていねいな読解と多くの会話・討論の経験をしていくうちに、少しずつ社会の変化が理解できるようになってくるはずです。これをきっかけに、日ごろから世の中の出来事に関心を持ち、ニュースを見る目を養い、みなさんなりの意見や考えを持つようになってほしいと思います。

■復習問題

今週のチェック記事や、それに関連する内容についての「復習問題」を作成しますので、サイトで紹介された内容をどれだけ理解しているかを確認してください。復習することで、受験対策としての学力がより確かなものとなりますし、社会科の学習を大きくサポートするという点においても効果的です。

分析・傾向

2019年度の中学入試においては

多くの学校において、社会で起きた出来事を題材とした出題がなされ、普段から時事問題の対策をしていたかどうかで得点に大きな差がついたものと予想されます。

成人年齢を18歳以上に引き下げる改正民法の成立や、選挙における男女の候補者の数を同じにすることをめざす候補者男女均等法の成立、参議院の定数を6増やす改正公職選挙法の成立、天皇の退位など、国内で大きな注目を集めたニュースについて問われていました。国際社会からも、アメリカと朝鮮民主主義人民共和国との米朝会談、イギリスのEU(欧州連合)離脱、核兵器をめぐる現状と課題など、世界をとりまくさまざまなニュースが出題されていました。

こうした時事問題に対応していくためには、知識を単に覚えるだけの学習ではなく、社会で起きている出来事に積極的に向き合うこと、そして、自分の言葉で説明できるようにし、物事を主体的に考えられるようにすることが大切です。

ニュースで扱われた内容を、社会科の学習として認識し、普段から自分の言葉で説明したり、家族や友達と話し合ったりすることを心がけましょう。

なかでも、とくに現在の日本が向き合わなくてはならない財政や社会保障の問題、産業政策やエネルギー政策といった、多面的な視点をもとに解決していく必要がある、この時代ならではの問題については、自分の言葉で説明したり、自分なりの考えを持ったりすることを意識したいです。

時事問題からは、これからの時代を生きていく子どもたちへの「社会を今一度しっかり見つめ直してみよう」「社会を変えていくのはあなたたちだ」という学校側のメッセージを受け取ることができるのです。

支援のあり方...

2019年度入試 出題事例 [1]

青山学院中学校 社会 2019年2月2日実施

[11] 次の文章を読み、あとの問いに答えなさい。

 昨年7月、西日本において「平成30年7月豪雨ごうう」が発生し、多くの死者・行方不明者が出ました。大規模災害発生時の支援方法には「プッシュ型支援」と「プル型支援」というものがあります。
「プッシュ」と「プル」はそれぞれ英語で「押す」と「引く」と言う意味です。

問「プル型支援」の内容や特徴とくちょうとして正しいものに次の①〜⑤からすべて選び、番号で答えなさい。

①被災した自治体の要請ようせい・要望を待たずに、国などが送り先や物資を決めて送る方法。

②被災した自治体に対し、国などが復興のために他の地域から企業を誘致ゆうちする方法。

③被災した自治体の要請・要望を受けてから、国などが必要な物資を送る方法。

④被災者が必要としているものと、国などの支援内容との間にずれが発生してしまう。

⑤被災者が必要としているものの把握はあくに時間がかかり、支援が遅れてしまう。

(以上、問題11の抜粋)

解説

 大規模災害発生時の支援方法である「プッシュ型支援」と「プル型支援」について、言葉の意味を参考に、「プル型支援」の内容や特徴を選ぶ問題です。
 与えられた条件をふまえつつ、支援方法の種類や課題を考えることが求められています。今週のチェック記事(2018年7月10日号)では、政府が被災地の要請を待たずに食料やエアコンなどの物資を届ける「プッシュ型支援」や、その背景などを取り上げました。一口に「支援」と言っても、その方法はひとつとはかぎりません。いろいろな支援方法とともに、それらの課題まで掘り下げて考えてみる必要があるでしょう。

資料の活用...

2019年度入試 出題事例 [2]

広尾学園中学校 社会 2019年2月1日午後実施

[4] 2018年の7月18日、参議院の選挙制度を改革する改正公職選挙法が成立し、2019年の夏の参議院議員の選挙から実施されることになりました。
 現在の参議院議員の比例代表選挙では、有権者は「政党名」か「立候補者の名前」のどちらかを投票用紙に書いて投票します。その両方の得票数を合わせた数に比例して、それぞれの政党の当選者の数が決まります。その後、各政党の個人名の得票数の多い候補から順番に当選が決まる仕組みとなっています。
 公職選挙法の改正後は、政党が比例代表選挙の候補者の一部を「特定枠」とし、他の同じ政党の比例代表の候補に優先して当選できるようにしました。この「特定枠」の導入は、地元の選挙区に強い支持がありながら、ある事情から所属する政党の候補者からもれてしまい、その選挙区からの立候補をあきらめなければならなかった人を救済するために作られたと言われています。
 地元の選挙区に強い支持があり、その選挙区で立候補する意思をもちながら、なぜ立候補をあきらめなければならなかったのでしょうか。図Aを参考に、参議院議員選挙の選挙区が何を基準に区割りをしているかに触れながら、その理由を説明しなさい。

出題事例 [2]図表

(以上、[4]問題より抜粋)

解説

 参議院議員選挙区選挙における選挙区と各選挙区定数を示した地図を題材に、政党が比例代表選挙の候補者の一部を優先して当選させることができる「特定枠」を導入した背景を考えさせる問題です。
 今週のチェック記事(2018年7月19日号)では、改正公職選挙法において、参議院の定数を6増やしたり、「特定枠」を創設したりするねらいを考えてもらいました。ニュースに関連する用語について、その意味や背景に加え、地図やグラフなどのさまざまな資料を使って確認していくことも重要です。

当事者意識の重要性...

2019年度入試 出題事例 [3]

立教池袋中学校 社会 2019年2月2日実施

[Ⅲ] 次の資料 A〜Cは全国紙の社説を発行部数の多いものから順に3番目までをならべたものです。新聞各社は、外国人労働者受け入れ拡大に向けた出入国管理法改正案の内閣の閣議決定について、それぞれの主張を述べています。改正案の骨格は、政府があらかじめ指定した業種で一定の能力が認められる外国人労働者に「特定技能1号」「特定技能2号」という2種類の在留資格を与えるというものです。1号は5年間の滞在が認められますが、家族の帯同はできません。一方、1号を経て試験に合格し、より熟練した技能があると認定される2号は、家族の帯同ができ、定期的な審査を受ければ永住が可能です。
 この法案は2018年11月2日に内閣で閣議決定され、12月8日の参議院可決により成立し、2019年4月から施行されることになっています。

A:読売新聞(11月3日付)
 経済や社会の活力を維持するため、外国人労働者をどう位置付けるか。将来を見通した戦略と周到な準備が必要だ。国民の不安解消に向け、丁寧な説明が求められる。政府は、出入国管理・・・法改正案を閣議決定した。新たな在留資格を創設し、人手不足が深刻な業種に限り就労を認める。来年4月の施行を目指す。就労目的の滞在は、・・・単純労働に門戸を広げる。これまでの方針の転換となる。日本で働く外国人は急増しており、128万人に上る。今後さらに、生産年齢人口の減少が見込まれる。外国人労働者の受け入れ拡大はやむを得ない選択だろう。新制度の狙いと、将来の青写真を明示することが重要である。・・・学業を本務とする( 1 )と、途上国への技術支援が主眼の( 2 )に、単純労働を依存している現状を放置すべきではない。・・・新資格の就業は、・・・14業種を検討しており、さらに増える可能性がある。受け入れ人数が野放図に増えるのではないかとの懸念が残る。業種ごとに想定している人数と全体の規模を早期に示すべきだ。安倍首相は「即戦力となる外国人材を期限を付して受け入れる」と強調する。改正案は、人手不足が解消されたときの受け入れ停止を盛り込んだ。こうした措置だけで、「( 3 )政策」と異なると言えるのか。十分な議論が欠かせない。改正案は、外国人労働者について、報酬や福利厚生などで日本人と同等の処遇を図るよう企業に義務づけた。・・・外国人労働者が日本社会に適応できるよう、総合的な支援策を講じることが求められる。法務省の外局として「出入国在留管理庁」を創設する方針だ。在留外国人の管理や、受け入れ企業の指導など、適切な態勢を整えることが大切である。


(中略)

問6 下線   を実現するために必要なことは何ですか。長時間・低賃金という労働環境の改善も大切ですが、それ以外の点について自分で考えて、具体的に2つあげなさい。

(以上、問題[Ⅲ]の抜粋)

解説

 外国人労働者受け入れ拡大に向けた出入国管理・難民認定法改正案の閣議決定に関する新聞記事を題材に、外国人労働者の日本社会への適応のためにどんなことが必要かを説明させる問題です。外国人労働者が身近になる状況を、自分のこととして考えられたかが問われているといえます。
 今週のチェック記事(2018年12月9日号)では、外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理・難民認定法の成立を受けて、拡大が見込まれている業種や課題を取り上げました。当事者として物事を考える習慣をより意識していきたいところです。

多面的な視点...

2019年度入試 出題事例 [4]

國學院久我山中学校 社会 2019年2月2日実施

問3 下線部②の体育の日は、東京オリンピックが開催される2020年に「スポーツの日」と名称が変わることになっています。それに関連して、2020年の東京オリンピックでは、はじめ、「サマータイム」を導入し、時計の針を1〜2時間すすめることも検討けんとうされました。結局、導入されませんでしたが、どうして「サマータイム」を導入しようとしたのですか。理由を1つ答えなさい。

(以上、[1]問題より抜粋)

解説

 2020年の東京オリンピックにおいて導入が検討された、時計の針を進める「サマータイム」について、その理由を説明させる問題です。話題になっている事柄に関して、メリット・デメリットを理解しているか、受験生としての姿勢が問われました。
 今週のチェック記事(2018年9月1日号)では、EU(欧州連合)のサマータイム廃止方針の表明を受けて、サマータイムのメリットとデメリットについて考えてもらいました。さまざまな視点から物事を考えることが、物事の本質的な理解への第一歩といえるでしょう。

2020年度は...

2020年度の中学入試においても、社会で起きた出来事に対する深い理解を求めるような出題傾向は変わらないと考えられます。国内の政治・経済などのほか、日本と世界の国々との関わりにも注意が必要です。時事問題そのものだけでなく、その出来事と関わりの深いことについても注意をはらって学習を進めてください。そして、社会で起きた出来事を一つの視点からだけでなく、複眼的に考え、調べていきましょう。
 「じじもんスクラム」では、世の中で話題となっていることについて、さまざまな見方・視点を示していきます。それらを知ることで、自分なりの意見をきちんと持てるようになるのではないでしょうか。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ


ページの先頭へ